【ピアノ】 「喜びの島」にするために(その2)

前回のドビュッシー「喜びの島」、僕的チェック箇所の続編です。 166小節目から。ここはコーダに入る前の最後の盛り上がり。ここがイマイチ過ぎてはっきり言って死んでいました。音追っかけている間に盛り上がらずに(あるいは途中躓いたまま)下降スケールに突入するというありさま。おそらく原因は右手の3連符に意識が行ってしまっていること。左…
コメント:0

続きを読むread more