【ピアノ】 「喜びの島」にするために(その3)

もう2箇所ありました。こんなにあって大丈夫か?という感もありますが。

21BD586D-8A7E-4C28-99C9-C9750985B39F.jpeg
この上昇音型の3連符ですが、各々の裏拍の最後の音まで聴かず、先に先にと急いでしまいます。わかっているのなら聴いて弾けば良いでしょ!なのですが、それが簡単にはいかないんです。それでも、細かい音は脱力する、その右手の音ではなく左手の動きを聴くことで何とかなりそうかも、とトライ中です。裏拍を押してみたらどうかとも考えましたが、それはあまりに非音楽的ですよね。

7635F368-8F56-40D9-B7FA-B52F1EF091EE.jpeg
ここは右手の跳躍がいやらしく、左手の32分音符がきちんと嵌り切らないところ。そこからバルカローレへゆったりと入っていくところは何とか格好がつき始めていますが、バルカローレの最初2小節がギクシャクしてしまうようです。「左手は自然に流す」(ラフに)と先生に書き込んで頂いていますが、ここだけはどうしても数えてしまうのでした。右手が間伸びする傾向にあることを考えると、おそらく僕自身の中でテンポが確立していないのでしょう。右手が歌えていないので、左右別々でもう一度やってみる方が良いかも知れないなと思っています。

一つ一つ解決していって、そして暗譜…(笑) いや、笑っている場合ではないですね。

楽譜 ドビュッシー/ピアノ曲集 4 (安川加寿子校註) ピアノのために・喜びの島

価格:1,188円
(2019/9/8 19:52時点)
感想(0件)



にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村
にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント