今回の台湾でのWiFiはkkday

昨日から今年3回目の台湾に来ています。

いつもWiFiはグローバルWiFiさんにお願いしているのですが、羽田での受渡しがやや面倒だと思っていたところ、今回は現地での受渡しで評判も良く価格も手頃なkkdayさんにお願いしました。

松山空港では写真撮影NGなので画像はありませんが、国際線到着出口(E)側にあるペリカン便のカウンターで受け取りました。この空港は到着ロビーも1階で目の前にタクシーやバス乗り場に広がっていて、ガラス張りの出口に張りつくように土産物屋さんや各種カウンターが並んでいるので迷うことはありません。ここでバウチャーを見せて一式を受取りました。

00CB9A63-97DB-4DE4-844E-B3E48B58A433.jpeg557B5B35-2C3D-438F-97AC-4C1E1E569E83.jpeg
WiFi本体はグローバルさんとは異なり薄くてコンパクトです。記載のIDとパスワードを入力すればそれでOKですぐに使えます(今回はスタートがややもたつきましたがその後は安定)。4G通信量無制限。僕がそんなに使うことはあり得ませんが、ここを超えたら云々という注意事項がないのは旅行者には安心です。

台湾はWiFi天国と言われています。旅行者が簡単に使えるのはiTaiwanで、Taipei-FreeやNewTaipei、Tainan-Freeとも相互利用可能です。iTaiwanは日本でも事前登録ができますが、台湾に到着したら旅遊服務中心で有効化の手続きが必要です。でも、旅遊服務中心に行けば事前登録なくともすべて手続きをやってもらえますので、事前登録の意味はあまりないような気がします。

松山空港のカウンターはややわかりにくく、国内線のチェックインカウンターを超えてセブンイレブンが見えてくる辺りにあります。係りの方は優しいので「iTaiwan」と言ってパスポートを提示すれば、すぐに手続きしてくれます。以前はTaipei-Freeが簡単に使えたのですが、今は台湾の電話番号が必要になっています。

肝心の使い勝手なのですが、もう色んなところで皆さん仰っているように「かなり微妙」です。最近は台北駅でも繋がりにくいですし、MRTの駅で調べようとしたら接続する前に電車が来てしまったり、そうかと思えばMRTの車内で勝手に繋がっていたり…必要なときに使えないというストレスがあります。僕の使った限りではホテルでは安定的に使えますが、出先でちょっと調べたいときにはiTaiwanだけではかなり不安です。ということで、僕はルーターを使うようにしています。



にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント