阪急 鉄道模型フェスティバル 2019


阪急百貨店うめだ本店で夏休み恒例の鉄道模型フェスティバルが7日から始まりました。

https://www.hankyu.co.jp/railfan/topics/190802event_dept.html

ジオラマは2016年の三宮駅ビル、2017年の京都本線水無瀬駅、2018年の高速神戸駅に続き、今回は中津〜梅田の3複線区間だそうです。また、8000系が登場30年ということで特集されるとのこと。僕が高校生の頃でも30年選手の車両というと800系くらいで、高性能ながらちょっと薄汚れた感のあった初代1000でも30年経っていなかったことを思うと、8000の今はとてもスタイリッシュで素敵な車両だと思います。僕の学生の頃の主役は6000や7000で、まぁ普通の電車というか2200とそんなに変わってない感が強く、印象は逆に薄いです。それに比べると8000は顔の変化が大きく、一部にクロスシートを採用したりして、バブルの産物なのかも知れませんが、僕にとっては「これがあの阪急の電車なの?」くらいのインパクトがありました。

今や、墓参りのとき以外は乗らなくなってしまった阪急電車、6000と7000が入り乱れたり、7000は妙な更新をされて同一形式間の統一感がなくなってしまったようで…正直あまり好きではありません。8000、特に8300は新造の頃から色んなテストをされてそもそもが何がなんだかわからないと言えばそうですが。逆に9000、2代目1000が妙に落ち着いていて、阪急らしさが戻ってきたような気がします。

ジオラマの画像で京都線を走るのは6300ですね。2800の特急も格好良かったですが、6300の存在感は圧倒的でした。京急の2000も2100も好きですが、申し訳ないけれども僕の中では及ばないなぁ。もっと恐ろしく圧倒的なのは京阪8000ですが(笑)2ドアオールクロスを諦めて3ドアセミクロスの9300で揃えてしまった阪急ですが、6300のことは大事にしているのかなと思ってみたりしています。
8/8
【部屋トレ】体幹、ストレッチ
【ピアノ】プレリュードとフーガ~平均律第16番、喜びの島

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント