台湾最終日 鼎元豆漿


最終日の朝ごはんはここのところちょっとご無沙汰のこのお家へ。

画像



















鹹豆漿、韮菜包と飯糰をお願いしました。

画像



















画像



















画像



















鹹豆漿はとてもやさしい味です。飯糰(おにぎり)には油條と高菜、それとデンブのようなものが入っていて、今回初挑戦でしたがお米そのもの(餅米?)が美味しくてパクリと頂いてしまいました。韮菜包(まんじゅう)は絶対のおすすめというくらいの美味さ。このパンチ力が鹹豆漿で中和される塩梅がちょうど良い感じでした。

このお家は地元の方の比率が高く、持ち帰りの方が多いもののローカル感に溢れています。何よりもお店のスタッフの方々が老若男女問わず優しくて、とてもほんわかとしていて和みます。

6/28
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュードとフーガ~平均律第15番、喜びの島、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック