台湾第3日 阜杭豆漿


今回は3日目にしてようやく華山市場へ。

画像



















画像



















今回は上から降りてくるのではなく、横からというアクセスでした。まだMRTの始発前だったので、徒歩で向かいましたが、タイミング良く雨は上がっていました。忠孝東路をまっすぐ一駅分歩けば到着。階段下まで行列でしたが、とても回転が早く、待ち時間はわずか5分ほど。これまでの最短でした。

いつもの通り、鹹豆漿と厚餅夾蛋を注文して至福の朝食。これがないと始まらない台北の朝という感じです。今や画像入りメニューも完備されて、それで指差し注文もできるようになり便利になっています。その分お店のおばさん方とのコミュニケーションがなくなって寂しいので、僕は意地で中文でお願いしています。あまり喋られても理解できないんですけれど、結局(笑)

こうやっていると、日本(ri4ben3)をはっきりズーベンと発音されているのが聞こえてきて、そり舌なしを実感したりしました。その感覚で聞いてみると他の会話やTVなんかでも聞き取り範囲が増えたような気がします。勉強しておいて良かったなぁと思う瞬間でもあります。

一つだけ小言ですが…カウンターの前まできて「何にする」「どうしよう」というやりとりは止めましょう。

6/13
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第17番、プレリュードとフーガ~平均律第15番、喜びの島、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック