エッセール&ジュード/ 幻想交響曲2台ピアノ版


今年はベルリオーズ没後150年だそうです。こじつけのような気もしますが、ベルリオーズ・イヤーですね。

画像



















ピアノソロ版ではリストによる編曲版やスペシャルアレンジがあり、ペトロフやデシャブールによる演奏が録音されていますが、連弾や2台ピアノはそう云えば聞かないですね。今回はエッセールのスペシャルアレンジ、そして画像は特殊撮影でも何でもなく(僕が最初そう思っただけですが)、ジャケットにVIS-A-VISとある通り、プレイエルの対面式ピアノを使って演奏されています。

アレンジものを聴くと、どうしてもオリジナルと比較してしまい、2台20本の指でもこの壮大かつ奇妙な交響曲をピアノで演奏するのは大変だなぁと感じはするわけですが、その観点でもかなり良い線行っていたように僕には思えました。原曲に忠実ではない部分やザッツが揃っていなかったりというところもありますが、断頭台やサバトの夜の夢のように逝っちゃってる曲のノリや、野の風景のようなオケを聴いていても眠ってしまうような曲のピアノならでは歌い方、そして全体には緻密な中にもスピード感が溢れていて、とても素敵な演奏だと思いました。

また、第5楽章の鐘の音はどうするのかなと思ったら、とても工夫されていてオケで聴く鐘の音が聴こえました。その音に導かれてフーガが進み、全体にふんわりとした音の重なりがクライマックスを迎えるところは圧巻でした。ぼんやりオケを聴いていると聴き逃してしまう音もきちんと聴こえていて、オケのオリジナルをあまり好きではない僕にもこの曲の良さをわからせてくれた演奏でした。

ベルリオーズ/エッセール編: 幻想交響曲 Op.14(2台ピアノ版)
ジャン=フランソワ・エッセール、マリー=ジョゼフ・ジュード(ピアノ)
(1928年プレイエル製対面ピアノ)

3/22
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第7番、プレリュードとフーガ~平均律第1番、運動~映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック