熱狂の日127公演 アンヌ・ケフェレック


一度帰宅して夕食後再び会場へ。まずはケフェレックの公演でした。

画像



















至極の演奏で至福のときでした。まるで宝石箱のような感じ<彦摩呂ではありません(笑) プログラム全曲が休みなく演奏され、曲が変わるたびに、そして曲の中でも、空気が万華鏡のように変化していきます。あまりの素敵さに言葉を失うほどでしたが、満員の会場からはブラヴォ!が飛び交いました。僕も叫べるものなら叫びたかった。

画像



















コスチュームもこのジャケットを彷彿とさせるかのような(色合いが)素敵なブラウスで、この日の彼女はいつも以上にチャーミングに見えました。

アンコールは「ダンスじゃないけど」と断って、モーツァルトのトルコ行進曲。何となく・・・ですが、ちょっとラローチャを思い出しました。本当に素敵な演奏でした。

5/10
【部屋トレ】 体幹、脚、ストレッチ
【ピアノ】 エール、サラバンド~パルティータ第6番、バラード第4番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック