香港第3日(その2)


荷物を置きにホテルに戻ったものの、我楽多にもやはり核になるものが欲しい、そう少しでも役に立ちそうなものを!と考えると、それはやはりエコ・バッグ。

ホテルのすぐ近くのELEMENTSにThreeSixtyを覗いたものの、ちょっと嵩張りすぎて没、それじゃ恵康(ウェルカム)ならどうかな、そういえば銅鑼灣に大きなお店があったことを思い出し、今回まだ銅鑼灣には行っていないしってことでゴー。

画像



















香港のそごうは元気いっぱい。いつ来ても人がいっぱいですが、この日も16時過ぎのこの時刻で人が溢れていました。ヴィクトリア・パークの方に歩いたところに目的のスーパーはあるのですが、目的の「モノ」は結局見つからず。そして、最終手段のシティ・スーパーへ。

去年もここのエコ・バッグだったので、今年は昨年見当たらなかった色を中心に選んで購入。一安心したところでどっと疲れが出て、実は男人街も覗くつもりでしたがシャワー浴びて、バスタブにも浸かりたいとホテルに戻りました。

この日の夕食は、前日コンシエルジュに予約をお願いしていたマルコポーロ香港にある「夜上海」へ。

画像



















画像














画像














画像














画像














画像














画像



















初日の「唐閣」ではもうセットメニューに頼りきっていたのですが、この日はちょっと予習しておいたので、アラカルトでチョイス(セットメニューはない、というか2人様からなので)。

しいたけを巻いた湯葉のパリパリ揚げ、豚ばら肉の粽葉巻き蒸し(2個)、上海蟹の甲羅詰め焼き(2人前からオーダー可ですが、蟹は小さいので大丈夫)、四季豆(いんげんかな)の炒めものに、ワインはニュージーランド、ジャクソンのピノ・ノワールにしました。何となくどちらも邪魔し合わず、生かしてくれそうな気がしたので。

ここまで完食したところで、まだワインもあるし、朝食抜き、昼食は上品路線でまだお腹は大丈夫だったので、それじゃと小龍包をお願いしました。食い気が勝って、この画像は撮り忘れました(笑)

料理が運ばれてきたところで、ちょうどシンフォニー・オブ・ライツが始まり(光線しか見えませんけれど)、お店もライト・ダウンされて大人の雰囲気、かと言って「シ~ン」としているわけではなく、各々のテーブルがわいわいと楽しい食事をなさっている感じがあって、このレストランは「当たり」でした。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック