音楽徒然草

アクセスカウンタ

zoom RSS ピアノの森 第2回 「ショパンを弾くために」

<<   作成日時 : 2018/04/17 04:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0


ハノンを練習する・・・(笑)

最後はどうなったかもちろん覚えていても、最初の頃のストーリーは悲しいかな忘却の彼方に行ってしまっています。モーツァルトのK.280のソナタや運命のさわりは弾けても小犬のワルツは弾けない、というのは不思議ではありますが、これがこの物語のモティーフだと思うと自然なのかも知れません(勝手解釈ですが)。

その小犬を阿字野先生にレッスンしてもらう代わりに、海は何とコンクールに出場することになりました。それも雨宮君が出る同じコンクール。そして、課題曲はK.280の第1楽章か第3楽章。

原作を読んでいた頃、この物語の舞台は上野近辺かなぁと勝手に思い込んでいたのですが、まったく違ったようです。森があり、アメ横のような通りがあったりして、そして文化会館も藝大もある音楽の都。僕にとってはそれが自然に頭の中に入ってきたんでしょうけど、思い込みとは恐ろしいものです。

このエントリーは「選ばれなかった手」がお送りしました〜(涙)

4/16
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 バラード第4番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ピアノの森 第2回 「ショパンを弾くために」 音楽徒然草/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる