テーマ:のだめカンタービレ

ようやく週末

ただただバタバタした一週間がようやく終わりました。そんなことを言い訳にして平日はジムへも行かず飲んでしまっていましたが、今日行かねば!とワークアウト。背中、上腕二頭筋と体幹、そしてエアロクライム60分でした。 クライムの間は吹奏楽による第9、常総学院の演奏。全部聴くのはヘビーかと第3、4楽章のみでしたが、合唱が入ってくると「あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ最終楽章前編 特別版

昨日は最終楽章映画版後篇の封切り日、そしてその夜には前篇の特別版がテレビ放映されました。久しぶりの実写版の世界を楽しみました。原作、アニメ、実写それぞれに良いところがあり、各々色んな楽しみ方があるのがこの作品でしょう。 2時間に亙る長時間、どちらかというと原作を思い出しながら必死でついていったというのが正直なところです。映画の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ第24巻

線路は続くよ、どこまでも(笑)終わったと思いきや、続編いや別編ですか・・・。あのままでは寂しくもあったので嬉しいサプライズです。なんて、映画も観ていないボクが言うのもなんですが。いずれにせよ24日が楽しみです。そういや上野樹里さん、昨晩NHKに出てましたね。 今朝は早朝から三鷹駅での人身事故で中央緩行線がストップ、仕方がないの…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ フィナーレ始まる

昨晩は久々の平日トレーニング、帰宅してビデオの番組表を見ると“のだめ”の文字を発見。「おお、そうだったのか!」と早速毎週予約の登録をしました(さすがにライヴで見る元気はありません)。今朝、ちらりと見てなぜか落ち着く自分がいるのが不思議でもあり、面白くもあり。テーマ音楽の最後の画面、パリのバス停に真澄ちゃんを発見しました。パリにいる場…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

読んで楽しむのだめカンタービレの音楽会

この年末年始読んだ2冊の本のうちの一つがこの作品でした。 茂木さんの“のだめカンタービレ”との出会いから始まり、二ノ宮さんへの手紙とおつき合い、出版社のパーティでのノーギャラオケの組成と“のだめ”コンサートの実現、そして“のだめ”のテレビドラマ化と、偶然が偶然を呼んだのかあるいは必然だったのか、その輪の広がり方に驚きました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おやおやのだめ

すっかり忘れていた・・・金曜プレステージ「映画公開記念ドラマレジェンド のだめカンタービレinヨーロッパ 完結への序章~第1夜」。 今晩は約束があるし、当然録画予約はしていないし、ワンセグで観たら・・・失礼ですよね(笑) にほんブログ村
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ第23巻

ついに最終巻となってしまいました。今回、表紙をめくって最初に目に入った楽譜は、ベートーヴェンの31番ソナタのフーガでした。せっかくパリに戻っても、楽しい音楽の世界に引き篭もってしまったのだめを覚醒させたのがこの曲。そして、2人は2台のピアノのためのソナタを一緒に弾き、やはり厳しくともその世界で共に生きてゆく・・・ってことで、二人は仲…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ大詰め

コミックスの23巻がこの27日(DVD付もあり)発売、来春1月からはアニメ版の『フィナーレ』放映ということで、いよいよ大詰めを迎えようとしていますが(個人的には間が空きすぎてイマイチ盛り上がっていない(笑)) 新作テレビアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』の放送に先駆け、2009年12月31日(木)17:00より、BSフジ…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ第22巻

シュトレーゼマンのところに逃げたのだめはショパンのピアノ協奏曲第1番ホ短調でロンドンでステージへ。事前の打合せとも、そしてオケも交えたリハーサルのときとも違う、のだめならではの強烈な演奏は賛否両論、逆にそれが話題となってテレビ放映そしてネットを通じて世界にデビュー! でも、のだめはあんなのもう弾けないと云い、オクレール先生はご…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ第22巻(購入編)

朝起きてテレビを点け、台所に行くと突然チャイムの音とともに高瀬アナウンサーの「緊急地震速報です」の声。程なくはっきりとわかるくらいの揺れ、とはいえ日曜日の夜ほど近くではなく遠くに感じるようなものでした。台風と地震が一度にやってきてしまいました。台風は大きな被害を引き起こしてしまいましたが、すぐにはわからない地震の影響ですが大事に至ら…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第11話

続編放映決定なので取り敢えずの最終回。 梃子入れのためのオーディションも無事終え 千秋&ル・マルレ・オケの汚名返上、名誉挽回 ラストはニールセンの“不滅”の名演でめでたしめでたしの大団円。 今回は詰め込んで端折って突っ走りました。 まぁここまでやらないと様にならないですから仕方ないでしょうね。 次のお楽しみまで暫しの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第10話

僕ももうモーツァルトは弾きたくないよ このセリフに思わず笑ってしまいました。 ストーリーとは別の意味でその気持ちよくわかります(笑) 今回はこのシリーズのメインイベント サンマロの教会でののだめの初リサイタルでした。 モーツァルト: きらきら星変奏曲 モーツァルト: ピアノソナタ第18番ニ長調 リスト: 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「のだめカンタービレ」映画化

さすがに再来年のことを言うと鬼も笑うでしょうが のだめカンタービレの映画化決定の報道記事を見ました。 それによれば 仮称は「のだめカンタービレ THE MOVIE Ⅰ&Ⅱ」で 第1弾が2010年正月、第2弾は2010年春公開見込 Ⅰ&Ⅱの公開タイミングが日本映画史上最短期間となる二部作での公開 来年5月から第1弾&第…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第9話

今回はサン・マロリサイタルの予備編。 ここまでコンクール、コンサートと駆け抜けてきただけに 却って新鮮な気分で落ち着いて楽しむことができました。 のだめは千秋、ターニャそして黒木くんを誘い ブルターニュの海、そしてブノワ家のお城へと向かいました。 ターニャと黒木くんの将来を暗示するかのような本格的な絡みと 初リサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第8話

のだめはブルターニュの海に近い町の教会で ピアノを弾くんです、のだめ初リサイタルです! 年度末試験もリサイタルのような奔放な演奏 他の試験官から「どのように育てるおつもりですか?」 これに対して「考え中」と答えたオクレール先生の次の手でした。 室内楽の黒木君とポールとのトリオも絶好調で ボケとつっこみ、関西人のエ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第7話

千秋&のだめの初共演はなりませんでした。 代振りとはいえマルレ・オケでの千秋の初舞台 初練習では「魔法使いの弟子」でコンマスから勉強不足と言われ 本番当日にはデオのミスで打楽器とチェレスタが欠員する始末。 散々のスタートに、千秋はチェレスタをのだめに急遽依頼するも コンマスに挨拶に来たルイがデオの勘違いでチェレスタ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第6話

のだめ・黒木くん・ポールの三人によるヤキトリオの結成 演奏活動を中断してコンヴァトへ入学しパリへやってきたルイ ライバルのジャンがデシャン・オケの指揮者に抜擢される一方で ル・マルレ・オケの常任指揮者となった千秋という展開でした。 ブラン劇場での定期公演は“集団食中毒”(のだめ)的大雑把さで お婆ちゃまと公演に来ていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第5話

早いものでもう巴里編も5回目になりました。 千秋に勝手にドイツに留学したと思われていた黒木くん登場。 殻に閉じこもってしまいコンヴァトではglauqueなどと言われ 学校にもパリでの生活にもイマイチ馴染めなかった彼でしたが 以前のペースをパリでも取り戻したのだめを見て変われたようです。 最後の千秋とのだめのポンヌフ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第4話

千秋が演奏旅行からパリに戻り リュカへの劣等感も会話が生まれることで薄らぎ オクレール先生とも「もじゃもじゃ組曲」を通して心が通い始め だんだんとコンセルヴァトワールに慣れてきた様子が窺え 音楽と向き合う萌芽が生まれてきたのだめです。 のだめの弾く「悲愴」の第2楽章は滅茶苦茶 楽譜にない音がポンポンと飛び出してきたの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第3話

前回の疾風怒涛のコンクールから開放されて 通常の落ち着きを取り戻した今回は正直ホッとしました。 千秋はエリーゼの「砂漠のプロメテウス作戦」により シュトレーゼマンと同じ事務所と契約、付き人として活動開始。 一方、のだめは担当教官はオクレールに決まったものの いきなりの「落ちこぼれ」学生生活のはじまり、はじまり~。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第2話

今回はプラティニ国際指揮者コンクール。 いやぁ走りました、いや端折りましたね。 一次予選から本選、そして表彰式まで一話で纏めましたが あれではなぜジャンではなく千秋が優勝したのかはわからないし ジャンの凄さ、彼ら二人の個性も伝わってこなかったので残念でした。 片平の指揮ぶりを見て「楽しむ」ことに目覚めたシーンでも …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドヴォルザークとチェコ

昨日の神戸は大変良い天気で風もなく 歩くとやや汗をかくくらいでしたが日陰では涼しく快適で 大阪湾を見下ろす六甲山の中腹にある霊園に墓参りをしました。 百か日のときも前日の悪天候にも拘らず好天に恵まれ 思い返せば亡き母との旅行の際はお天道様…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

四谷大好き祭り

昼過ぎに四谷四丁目の交差点を通りかかったら 新宿通りの一角で明るいサンバが披露されていました。 そうそう今日は「四谷大好き祭り」当日だったのです。 今年で十周年ということですから ボクが香港から帰国したその年から続いているわけです。 四ッ谷駅近辺ではエイサーを踊っているとのことですから イマイチ四谷との関わりがよくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ巴里編第1話

いよいよ始まりました。 今回は千秋とのだめがパリに到着 千秋ママのアパルトマンの住人、ターニャとフランクが登場。 自己紹介編といったところでした。 BGMとして流れたのは ベートーヴェン: 交響曲第3番「英雄」第1楽章(パリ到着) ラヴェル: 道化師の朝の歌(のだめの挨拶代わり) ベートーヴェン: 交響曲第7番…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

道化師の朝の歌

ようやくお天道様をみることができて 秋らしい爽やかな天候だなぁと思っていたら 今朝はやけに湿度が高くムシムシする東京です。 軽度のアレルギー性皮膚炎なので あまり空気が乾燥すると軽く発疹があったりするので その意味からは湿気は歓迎なのですが 秋の朝は清清しいものであって欲しいというのも正直なところ。 そんな朝聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【備忘録】 アニメ「のだめカンタービレ巴里編」いよいよスタート

うっかり忘れるところでしたが今週から放映開始です。 毎週木曜24:45より 30分全11編(フジテレビ“ノイタミナ”ほかにて)。 www.nodame-anime.com/ 朝起きて窓を開けると金木犀の香りが漂うようになりました。 前の道を挟んで斜交いのお宅に一本あるだけなのですが まるでウチの建物がすっぽり包まれたか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

北京五輪(その2)

サッカー親善試合とオリンピックならオリンピック オリンピックの野球とソフトボールならもちろんソフトボール しんどい試合でしたがよく勝ってくれました。 今日のアメリカとの決勝戦、頑張ってください! 野球も他の男子球技よろしくどうも勝てる気がしません。 準決勝は韓国とやった方が有利とかいう見方もあるみたいですが 正直、そ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ第21巻

“ピアノ協奏曲ト長調第2楽章のピアノ譜とバゲットを持った千秋” 本巻の見返しにあったこのイラストは深い意味があったのですね。 「のだめのやりたいこととは絶対に違うと思うし」 こう言い切る彼女の前でRuiと千秋によって演奏されたラヴェルのピアノ協奏曲 先輩とのコンチェルトとしてのだめの夢であったこの曲のライヴは 彼女…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

さすが! 北島康介さん

優勝おめでとうございます! 予選、準決勝での泳ぎを修正して 今大会ノリノリのノルウェーの若手新星を退けて 世界新記録での優勝とは素晴らしい。 「やはり北島」と申し上げたくもなります。 いやぁ、あっぱれ。 今回のオリンピックは アテネの前回とは違ってノリがイマイチでしたが 内芝さんと北島さんの金メダルで弾みがつ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

のだめカンタービレ・アニメ続編決定

ドラマ版は新春特番で放映されましたが このたびアニメの方も続編製作がスタートし 「のだめカンタービレ巴里編」としてノイタミナで10月から放送予定とのこと。 TVでは何かと制約も多いしお金もかかったでしょうが アニメならそんな心配はご無用ということで放映開始が待ち遠しいです。 まだ4ヶ月半先のことではありますが・・・。 …
トラックバック:1
コメント:2

続きを読むread more