テーマ:熱狂の日

カンタービレ ~題名のない音楽会

前回の「題名」はカンタービレの音楽会。録画しておいたものを観ました。そして、聴きました。 メモリー~キャッツのあと、シューベルトのます。次の若手豪華メンバーによるクインテットでした。 ピアノ: 萩原麻未 ヴァイオリン: 辻彩奈 ヴィオラ: 安達真理 チェロ: 横坂源 コントラバス: 加藤雄太 例によって(な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベートーヴェン ピアノ ソナタ集 ~レミ・ジュニエ

こちらはベートーヴェンのソナタから4曲を選んだアルバム。 収録されているのは2番、9番、14番、31番となっており、偶然かも知れませんが時代を網羅しています。アパッショナータやワルトシュタイン、はたまたハンマークラヴィーアとならないところが渋いというか、拘っているというか。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

レミ・ジュニエのバッハ

先週末、新宿タワレコで2013年のエリザベート第2位、2016年のLFJにも出演したレミ・ジュニエのベートーヴェンソナタ集を見かけました。彼の演奏は不案内で聴いたことがありませんでした。ベートーヴェンソナタのみのプログラムに惹かれて聴いてみたいなと思い、調べてみるとこれまたバッハのみのアルバムが出ていました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日公演366 岡本誠司

今回の熱狂の日、岡本誠司さんのヴァイオリン・ソロが僕にとって最後の公演。 バッハコンクール優勝という岡本さんの公演は、熱狂の日としては長い1時間。バッハ、レーガー、バルトーク等の作品を採り上げ、大変な熱演を聴かせてくださいました。ただ、僕個人のフィ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日公演313 萩原麻未

最終日、午後最初の公演は萩原麻未さん&ロワール管のピアノ協奏曲。 萩原麻未さんの演奏は一昨年、ラヴェルの高貴で感傷的なワルツ、ラ・ヴァルスとジョフスキのウィンズボロ・コットン・ミル・ブルースというとても素敵なプログラムで聴いて以来です。もっと前かと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日公演362 横坂源&藤井一興

三日目の最初の公演はチェロ&ピアノでした。 チェロの音はイイですねぇ。身体全体に染み渡る深い音が心の底からホッとさせてくれました。バッハのソナタも良かったし、何より楽しめたのがドビュッシーのチェロ・ソナタ。ドビュッシーは弦楽四重奏も面白いし、弦楽器…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

羽衣伝説 ~島へ 大萩康司

熱狂の日の演奏の印象があまりに強烈で、ディスクを購入しました。 ライヴのあの空気は味わうことはできませんが、大萩さんのわが国の自然に対する共感を深く感じさせてくれる、感動的な演奏が繰り広げられていました。藤井作品はもちろんのこと、武満作品の良さも味…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日244公演 小曾根真&アレクセイ・ヴォロディン

入口で配られたプログラムには「カルト・ブランシュ」とありました。おやおや白紙ですか・・・舐めてんのか!(笑) 嘘です。小曾根さんのことですから、きっと何かがあるだろうと期待してホールへ。 モーツァルトのの2台ピアノのためのソナタを弾くことだけは決まっていて、まずは第1楽章が普通に演奏されました。そして、ヴォロディンがソロでアン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日263公演 大萩康司

ギターと楽器の凄さ、そして大萩さんの素晴らしさを堪能した素敵な時間でした。 前から3列目ではありましたが真正面の席で、ギターを爪弾く大萩さんに見惚れていました(笑) 奏法があんなにたくさんあることを改めて認識しました。そして、音色の変化や色彩感のあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日168公演 広瀬悦子

さて、5つ続いたピアノソロの公演のトリは広瀬さん。 僕が個人的に思っているところに過ぎませんが、広瀬さんのピアノの特徴はテクニックはもちろんですが、分厚い響きとそれに支えられた歌心、大きな音楽のうねりにあります。それはディスクを聴いただけではよくわ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日127公演 アンヌ・ケフェレック

一度帰宅して夕食後再び会場へ。まずはケフェレックの公演でした。 至極の演奏で至福のときでした。まるで宝石箱のような感じ<彦摩呂ではありません(笑) プログラム全曲が休みなく演奏され、曲が変わるたびに、そして曲の中でも、空気が万華鏡のように変化してい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日155公演 ルーカス・ゲニューシャス

前回、もう今回限りかなと思った記憶があるゲニューシャス。今回も聴いてしまいました。 ショパンはとても繊細、そしてちょっと突いただけで壊れそうなくらい柔らかい響きがキラキラと耀いた素敵な演奏でした。それぞれの特徴も表現されていて、とても説得力がありま…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

熱狂の日164公演 金子三勇士

続いてはD409での金子三勇士さん。何と最前列真正面でした(笑) バルトークやコダーイと云ったハンガリーの作曲家のピアノ小品を中心に演奏。わかりやすいトークで曲の解説も交えての楽しい演奏会になりました。金子さんのライブ演奏は、永野さんとのデュオを聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日123公演 ボリス・ベレゾフスキー

初日のこのベレゾフスキーからの5公演は、すべてピアノソロのステージでした。 B7は大きなホールですが、いっぱいの聴衆で埋め尽くされていました。さすが「熱狂の日」の顔、ベレゾフスキーですね。僕はピアノの響板サイドではありましたが、最前列の被りつきで聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日142公演 シエナ・ウインド・オーケストラ

僕の「熱狂の日」はホールCでのシエナWOの公演でこけら落とし。 プログラム前半は中村睦郎さんの指揮で、吹奏楽アレンジ、オリジナル作品を3曲。アルメニアンダンスは安定の定番ですが、その中でもドライブ感溢れるアクティブな演奏でした。 演奏に先立っ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2017開幕

今年もこの時期がやってきました。というか、早い(笑) 僕の最初の公演はシエナ・ウインド・オーケストラなので、11時30分頃到着。そのときの様子が上の画像になります。もう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

満開とは云うけれど

昨日はお休みを頂きました。 おかげさまで何とかのんびりと、というかぼんやりと過ごすことができました。東京では桜が満開と云われていますが、オフィスの近くの隅田川リバーサイドは、一昨日ではまだまだ桜色にもなっていませんでした。 家の近所はどうかなと夕方散策してみました。防衛省の外苑東通り沿いは咲き揃ったみたいでした。一方、靖…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

踊りましょう ENTREZ DANS LA DANSE... ~ケフェレック

ラ・フォル・ジュネの常連、ケフェレックの新譜は今年の熱狂の日のテーマそのまま「DANSE」です。 収録された24曲のうち、小組曲やドリー等4曲はドゥアンヌとの連弾、残りの20曲がケフェレックのソロ。いつもさりげなく、でもとてもお洒落にエスプリの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2017 小曾根さんのデュオ予約完了

11日の午前10時がぴあ一般販売開始だと勘違いして待ち構えていたところ、10時になっても「販売中」にならず、改めて見てみると18日ということがわかり愕然。その上にある先行先着のボタン、244公演はどうせ売り切れてるんだしと思いつつも押してみると、なぜか「△」の印。 事情は呑み込めませんでしたが、その△をクリックしてみると、何度…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

執念? それとも意地? 熱狂の日チケット争奪戦

先日、もうイイかなと書いたばかりなのですが、ダメ元でぴあの先着抽選に申し込んでみたところ、以下の公演のチケットに当選していました。 5/4 123 ベレゾフスキー 155 ゲニューシャス 127 ケフェレック 168 広瀬悦子 5/6 362 横坂源 これで第1日と最終日は所期の目的を達成しました。そして…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2017 先行抽選販売結果

結果通知が来ました。当選は5件だけ、勝率は5//11でした。詳細は以下の通りです。 5/4 142 シエナ・ウインド・オーケストラ 123 ベレゾフスキー 164 金子三勇士 155 ゲニューシャス 127 ケフェレック 168 広瀬悦子 5/5 263 大萩康司 244 小曾根真(デュオ) 5/6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2017 先行抽選販売申込み

結局、以下のプログラムを申し込みました。 5/4 142 シエナ・ウインド・オーケストラ 123 ベレゾフスキー 164 金子三勇士 155 ゲニューシャス 127 ケフェレック 168 広瀬悦子 5/5 263 大萩康司 244 小曾根真(デュオ) 5/6 362 横坂源 313 萩原麻未 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ラ・ナチュール ~ダヴィッド・カドゥシュ

このアルバムにタイトルをつけるとすれば「la nature」でしょうか。LFJのテーマそのままですけど(笑) 熱狂の日の本番で聴いた、豊かなニュアンスをまた聴くことができました。美しい弱音、豊富な音のパレット、色彩感をもち、ニュアンスに富んだ素晴らしい演奏だと思います。 いずれも何か「秘密」がありそうな、そんなことを思わ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016第3日

今年も最終日になりました。 ジムでトレーニングを済ませてそのままチャリンコで到着。ギリギリでD409ホールへ飛び込みました。2年ぶりとなる広瀬さんのピアノソロです。四大元素というタイト…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016第2日(その2)

午後は2公演。まず最初は注目のゲニューシャスさん。 ホールはB5で、ここも久しぶりかも知れません。席はピアノ後方、かつ最後列で、ピアノを弾いているらしい様子しか見えませんでした。演目はシューマンの「森の情景」がなくなり、ラッキーと一瞬思ったものの(…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016第2日(その1)

夜半の雨も朝には上がり、この日も好天に恵まれました。 最初の公演は久しぶりのAホール。小曾根さんと江口さんのピアノ、マフチンさんと矢部さんのヴァイオリン、コセさんのヴィオラ、宮田さんのチェロ、山本さんのコントラバス、工藤さんのフルート、吉田さんのク…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

熱狂の日2016第1日

今年もそんな時期になりました、早いですねぇ。 この日チケットが取れたのは、公演番号153ヴィッド・カドゥシュのピアノソロだけでした。D7というおおよそホールは言い難いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016チケットぴあ抽選販売

性懲りもなく、こちらの抽選販売にもトライしてみました。 5/3 161 宮田大 5/4 233 ゲニューシャス(ソロ) 265 福間洸太朗 5/4の方は第1希望233、第2希望265で、いずれか確保できた方だけその優先順位に従って購入できるというものです。2公演ともと思ったのですが、ここは欲張らずに。 さて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016先行抽選結果

昨日、抽選結果がメールで入っていました(○が当選、×は落選です)。 5/3 ×161 宮田大(チェロ) ○153 カドゥシュ(ピアノソロ) 5/4 ○212 小曾根真、江口玲ほか ×233 ゲニューシャス(ピアノソロ) ○224 エル=バシャ(ピアノ) ×265 福間洸太朗(ピアノ) 5/5 ○362 広瀬悦…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016フレンズ先行抽選販売

今回は・・・困りました。 テーマは「nature」ということ。そのせいなのか何なのか、作曲家や曲という点で僕が惹かれるプログラムは見つかりませんでした。今年は止めておくかとも思いました。しかし、そこは考え方を変えて、アーティストで申し込むことにしました。 申し込んだのは以下のプログラムです。 5/3 161 宮田…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more