テーマ:オーケストラ

2台ピアノのための協奏曲 ~小曾根真&チック・コリア

7/3のEテレクラシック音楽館は「N響第1835回定期公演」。僕はその中のモーツァルトの協奏曲だけを聴きました。 小曾根さんは赤、チックは白の上着。チックの足許はナイキのスニーカーでした。楽しげで、表情も柔らかくそして明るい。それがそのまんま音楽になったようなモーツァルトでした。聴かせどころのカデンツはもちろんのこと、スウィン…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

マツコの知らないヘッドホン

イヤホンに続いて、今度はヘッドホンの世界の放送が少し前にありました。 Bowers&WilkinsのP5シリーズ2です。P7とどちらか迷いました。ヨドバシに行って実際に装着したところ、P7は結構ストレスのある装着感でした(僕にとっては)。音はP7の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショパンコンクールライヴ ~チョ・ソンジン

初めて聴きました。これはもう別世界ですね。コンクール本番はショパンの作品に絞った連続リサイタルみたいな 感じだったのではないかとさえ思ってしまうくらいの演奏でした。 このディスクでも、ブリリアントな音、そして表情も豊かでとても素敵な演奏が続きます。細かい技も冴え渡りスパイスとなっています。誤解を恐れずに申し上げれば、コンクー…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

熱狂の日2016第1日

今年もそんな時期になりました、早いですねぇ。 この日チケットが取れたのは、公演番号153ヴィッド・カドゥシュのピアノソロだけでした。D7というおおよそホールは言い難いと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フェインベルクのアレンジに手を加えてみる・・・

まぁ何と畏れ多いことを(笑) オリジナルの弾けない部分を弾けるように簡単にしてしまうことは、まぁありなんだろうとは思ってはいるものの、そうは云っても抵抗感もやはりあります。 ただ、今回はそもそもがアレンジもので、原曲と比べたときに和音が「?」という部分もあります。先日、あらためてヴォロドスの「悲愴」第3楽章の演奏を聴き、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

春の祭典、火の鳥 ~オロスコ=エストラーダ&フランクフルト放送交響楽団

こんなに心地良い響きの春の祭典は聴いたことがありません。ふわっと浮いているかのような柔らかさ、スピード感のあるサウンドの一方、バーバリズムやリズムの面白さはしっかりと伝わってきます。 若さと熱気を感じます。熱気とはいってもゲルギエフのようなねっとりグイグイとした重厚感ではなく、颯爽とした、誤解を恐れずにいえば爽やかなそれだと思…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

伊福部昭没後10周年

昨朝、インターネットラジオのOTTAVAを点けると流れていたのは、伊福部昭のタプカーラ交響曲の第2楽章。とりわけ強烈な第3楽章、フィナーレほどではないにせよ打楽器のキレ味が光る第1楽章と異なり、ハープに乗せてフルート、オーボエやコールアングレのメロディがたゆとう、乳飲み子を抱く母を想起させるような楽章です。 どうやらこれは再放…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アムステルダム・シンフォニエッタ@上海

素敵なニュースでした。 悪天候のため降りない離陸許可、待たされる乗客、だんだんと悪くなる機内の雰囲気、そこで立ち上がったアムステルダム・シンフォニエッタのメンバーが演奏したのはモーツァルトの第29交響曲の終楽章・・・。 http://www.sinfonietta.nl/index.php/ASU/nieuws_item…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

N響ほっとコンサート2010~N響アワー

昨晩のN響アワーはこの1日に行われた“N響ほっとコンサート”のダイジェスト版の放映がありました。NHKホール前は暑い中にも拘わらず開催前から行列ができており、このコンサートの定着度、人気の高さのほどがしのばれるところです。 入場するとロビーではN響金管セクションのファンファーレ(外山雄三さんの作品と聞こえましたが、間違っていた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OBオケ定演ご案内

地元神戸での練習に参加してきた後輩からチケットを頂戴しました。今年の定期演奏会のプログラムは以下の通りになっています。 創立10周年記念第10回定期演奏会 10月17日(日)14:00開演(13:30開場) 神戸文化ホール大ホール ベートーヴェン:交響曲第9番“合唱つき” 土井聡子(52回卒): Air(委嘱作…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

久しぶりの筋トレ

夏休みに入っても朝の電車は混んでいるなぁと思っていたのですが、さすがに昨日、特に今日は中央線の快速も空いていました。逆に東京駅は我々のような格好をした人よりも、大きな鞄を持ったカジュアルな方の姿の方が目立っていました。お盆休み本格化ということでしょうね。 昨晩は先週木曜日以来の筋トレ、ジムへは土日も行きましたが有酸素だけで済ま…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

小澤征爾さん復帰

先月末桑田佳祐さんが食道がんでの療養を公表したばかりでしたが、この1月に同じ食道がんであることを公表し治療に専念されていた小澤征爾さんが長野県山ノ内町の奥志賀高原で行われた「サイトウ・キネン・フェスティバル松本」の公開リハーサルに参加され、タクトを振られました。 桑田さんには完治されて、その歌声を早くまた聴かせて頂きたいところ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ドリカム!佐渡裕さん

昨晩、神田のおやじさんが「土曜日遅くに佐渡やんが来てくれてね、来年ベルリンフィルを振ることになったって言ってたよ」と仰っていました。おめでとうございます!遂に幼い頃から夢が叶ったということですね。 今朝チェックしたら、既に報道されていて(そういや明日発表されるって昨晩仰ってたかも)、演目は武満作品とタコ5になるようです。ベルリ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

至高の名演~アルプス交響曲 ヤンソンス&RCO

いつもお世話になっているヒロノミンVさまのエントリーを拝読して、さっそく購入して聴いたこのディスクには驚き、そして大感動でした。 中低音が包容力のある響きを醸し出す中での新鮮でシャープな響き、弦セクションと管セクションのブレンドの素晴らしさは従前通り、特に高音金管と弦との配合の絶妙さはこの演奏でも健在でした。イイトコ取りだとし…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

木管五重奏

ボクの通っているフィットネスクラブのロッカールームではいつもクラシックのBGMがかかっています。有線なのかも知れませんが、フルオーケストラ系の重厚なものではなく、弦楽アンサンブル(ベタですがアイネクライネとか)や管楽器やピアノの協奏曲(モーツァルトのイ長調もよく聴こえてきます)といったさらりと流せる系ばかり。 いつも注意して聴…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マエストロ登場!

昨夕は新しい職場の説明会・懇親会。立食で1時間ほどビールを注ぎまくり、注がれまくりでトイレに駆け込んだ後神田のいつものワイン居酒屋へ。 しばらくすると、おやじが「おお、いらっしゃい」と言うので見ると、何と佐渡裕さんが来店。ステージやTVで拝見しているので、しょっちゅうお目にかかっているような気でいたのですが、実際には10年以上…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ラトル&BPO ブラームス交響曲全集(CD&DVD)

先般の連休にDVDはまとめて視聴、CDはiPodにインポートして聴きました。画面があるとラトルの棒さばきが良くわかりますし、弦楽器のボーイングの迫力もぐいぐい伝わってきて、いずれも熱演であったことがわかりました。 先行販売されていた1番の印象と同じく、全般にサクサクとページをめくるように語りつつ音楽は進んでゆきますが、超重量低…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ホームパーティ準備

既にエントリーした通り、明日は拙宅でのホームパーティ。お酒と食べもの持ち寄りにして、ボクは場所提供だけにさせて頂くつもりだったのですが、ちょっと思い直して二品ほど作ってみました。 チキン南蛮とポテトサ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿塔でお買いもの

今日の東京は、雲ひとつない素晴らしい晴天でした。こんな日にジムに行くのもどうかとは思いますが、決めたことですし、昨日調子が良かったこともあって機嫌良く・・・バテました(笑) 大腿筋とカーフが笑ってます。 この月末に異動になった大学の後輩の送別会を22日に行うのですが、連休中で適当な場所も思いつかず。ということで、いつものメンバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

交響曲ベストテン標題つき楽曲編

先日エントリーした「交響曲ベストテン」に、酒席トランペット奏者さまから新たなベストテンを頂戴したのですが、ご返事差し上げる傍ら悪ふざけを思いついてしまったのが、この「標題つき楽曲編」です。 さらさらと思いつくままやってみると、ベストも何も随分とイケてない曲が入ってしまったので、選考の軸を変えてみてできあがったのが以下のベストテ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

OBオーケストラ定期演奏会

夏が戻ってきたかのような暑さを吹き飛ばしてくれるような素敵な演奏会でした(身内ならではのコメントです、すみません)。 昨年の弦セクションの充実ぶりから察するに、今回は管の出来、トランペットのバランス、ホルンの安定性、木管アンサンブルの充実度がポイントかなと傲慢に想像しながら、文化ホールに向かいました。 ディーリアス: “…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

帰省

蒸し暑いです、神戸は。朝晩は涼しいのですが、それでも東京に比べると空気がやや重い感じがします。昨晩、実家に戻ると父はエアコンを点けていました。扇風機で充分だとは思いますが(笑) 近所のお寿司屋さんでは、あこう・油目(あいなめ)・かれい・かわはぎ・あなごをお刺身で、さわらをたたきで頂きました。いずれもとてもおいしかった。そして、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバイバル時代の国内旅行?

ではなくて、帰省します(笑) 例によって、今晩は父と晩酌、明朝は墓参り 明日午後の高校OBオーケストラの演奏会を聴いて帰京します。 メインはブラ1、ピアノ協奏曲はグリーグと盛りだくさんで ボクの先輩方が中心なので時間的にも体力的にも厳しいところです。 素敵な演奏会になれば良いなと期待しています。 にほんブログ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サバイバル時代の海外旅行術(その2)

高城さんは、地図は現地の案内所やホテルで入手すべし、日本語のガイドブック付属の地図は役に立たない、と書いておられましたが、正にその通りだと思います。 現地で道を訊ねるかどうかはともかくとして、日本のガイドブックにある地図はフライトで貰えるものを含め、通りが網羅されていないのと地番がほとんど記入されていないため、駅前や著名な建造…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

N響ほっとコンサート2009

今日はどらえもんのお誕生日です!って、Googleを見て知っただけなのですが(笑) 先月2日に開催されたN響ほっとコンサートを23日のN響アワーと28日BSシンフォニー・アワー録画分で観ました。トランペットの津堅さんは今年で定年だそうで、その年の暑い夏の日にこのプログラムはご本人も仰っていた通り「キツイ」ですよね。お疲れさまで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

交響曲ベストテン

ある方のブログでやっておられて、面白そうなのでボクもトライしてみました。趣旨が違うかも知れませんが、これは作品としての価値という観点からではなく、単にボクの個人的な好き嫌いによるものです。それでも、好きな作曲家に偏りがあるのと、やはり5番などは素敵な曲が多かったりするので難しいですね。 <ルール> ・交響曲第…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

N響ほっとコンサート2009~N響アワー8月23日・BSシンフォニーアワー8月29日

この週末に行われるN響ほっとコンサートの模様は、8月23日のN響アワーでその一部が、29日のBSシンフォニーアワーで全編が放映されるようです。今年のテーマは「祭り」です。 8月23日 21:00~ N響アワー  ファリャ:バレエ音楽「恋は魔術師」から火祭りの踊り レスピーギ:交響詩「ローマの祭り」 ホルスト:吹奏楽の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アルプスに登る交響曲~N響アワー

氷河特急の途中駅イランツから、マッターホルンを望むツェルマット、そしてレマン湖畔に降りてシヨン城、ローザンヌからジュネーブへ「欧州鉄道の旅」でスイスアルプスの旅を楽しんだ後は、N響アワーでドイツアルプスへ。 北海道で起こった悲しい山の事故の直後ですが、この暑い季節にはタイムリーで、演奏時間約50分のこの曲はN響アワーにはお誂え…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

セル&クリーブランド管のヤナーチェク“シンフォニエッタ”

村上春樹の1Q84もやっとのことで第1巻を読了。一時的にスピードアップしたものの、最近は就寝前に数ページずつという元のペースに逆戻り。そしてすぐに睡魔に襲われ・・・。 今、コンポにはセル&クリーブランド管の演奏するバルトークのオケコンとヤナーチェクのシンフォニエッタを常備して、朝5時半のタイマー始動とともに鳴り出すようになって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プラレールエクスプレスロール

今日も日経朝刊の囲み記事です。この面しか読んでないのではないかと思われそうですが、まぁそんな感じでしょうか。いやスポーツ欄も見てますよ、長谷川穂積さん強いなぁ! 昨晩も一瞬で終わった試合をたまたま見ることがで幸運でした。 http://www.pronweb.tv/modules/newsdigest/index.php?co…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more