passage /藤田真央


藤田真央さんの最新録音になるのでしょうか、アクトシティ浜松中ホールでの収録です。

82D10BAE-5DC3-46DF-B206-FA8C934377E8.jpeg

リスト: ハンガリー狂詩曲第2番嬰ハ短調
モーツァルト: ソナタ第18番ニ長調 K.576
ショパン: ソナタ第3番ロ短調 作品58
シューマン/リスト編: 献呈
ショパン: ノクターン第20番嬰ハ短調(遺作)
ショパン: バラード第1番ト短調 作品23
モーツァルト/ヴォロドス編: トルコ行進曲

ハンガリー狂詩曲はYouTubeにも(別収録だとは思いますが)アップされていて、その演奏はこの曲があまり藤田さんには合っていないような気がしていたのですが、この録音はいえいえどうして堂々たる演奏でした。とてもスケールが大きく、一方で歌と繊細さも兼ね備えていて、恐れ入りましたという感じ。

のだめソナタとショパンのソナタは十八番と拝察申し上げました。特に、ショパンのソナタでは瑞々しく美しい音で存分に歌い上げた素晴らしい演奏を聴くことができました。先般のチャイコンでの演奏もこういった演奏の積み上げ結果なんだと思わず納得。ノクターンにせよ、バラードにせよ、ショパンは藤田さんに合ってるなぁと思いました。だからショパンコンクール!ということでもないのですが(笑)

最近やたらと聴く「献呈」も自然な流れの中で豊かな叙情を感じました。顔の表情の割には音があまり変わっていないような演奏を耳にすることも多いような気がしますが、この短い中にも数多くの美しい変化を聴き取ることができました。ラストのトルコ行進曲はヴォロドス編ということですが、手を入れられているような気もしました。こういった技巧的な設えにもそれだけに止まらない音楽的な魅力があります。

次のアルバムが楽しみです。チャイコンもライヴ盤は出るのかなぁ…

7/17
【部屋トレ】体幹、ストレッチ
【ピアノ】フーガ〜平均律第15番、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

"passage /藤田真央" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント