欠花おやじ


今は言葉の使い方が難しいので、こんな言い方は🆖なのかも知れませんが、欠食児童を捩ってタイトルを考えてみました。2週間の間、部屋に花がなく渇いた生活を送っていたのでした。

画像



















画像



















先週NHKで放映された「世界はほしいモノにあふれてる」で、リッツに飾られていたものと出演されたフローリストの方が師匠の大事なお客さまのために作ったブーケのイメージに似ています。

花は生活に温かさと穏やかさをもたらしてくれます
この家にとって花は栄養であり魔法のようなもの
花は人を幸せにするんです

そのお客さんが語っていた言葉。お金持ちなのでしょうけれども、各部屋に花が飾ってあってとても素敵でした。拙宅は到底足許にも及びませんが、このブーケのおかげでとても華やかで潤いのある部屋に変わったと思います。

この時期はすぐにお花が萎れてしまって残念なのですが、パリの人たちは朽ちていくところまで花として楽しむのだそうです。楽しみたいと思います~

6/23
【トレーニング】 胸2・背中1・二頭筋2・三頭筋2・肩1・体幹4各3セット、エアロクライム147w60分、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュードとフーガ~平均律第15番、喜びの島、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

"欠花おやじ" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント