【暮らし】自粛は続くよどこまでも

C7ECA18B-706D-4F38-8A2D-CDDEA165E39E.jpeg
どうやら中国ウイルス対策の何とか宣言は延長されるようですね。

何度「この2週間が重要」と聞いたことか、そしてこの1ヶ月は何をやってきたのか…出口のない戦略などないのに。医療の専門家の仰ることを尊重するのは当然かつ重要ですが、彼らには経済の視点はありませんからね。一年間自粛して100兆円吹き飛ぶんだったら、その分お金刷れば良いなどと、いきなり非科学的な暴論を展開する人までいる。

そもそもSIRってモデルなのだから、パラメータを動かしたらいくらでも結果は変わる。日々の感染者数の増減に一喜一憂しないように使っていると思っているのですが、相変わらず日々の増減の説明しかしない都知事とか…8割接触削減は目安としてわかりやすいですが、今の流れだと8割やったとしても終わらなさそう、かつ8割削減→自粛対策→対策の目的化→自粛警察の出現、というありがちな流れが出てきているようで、街の中がヒステリックになっているような気がします。この雰囲気は個人的にはとても嫌です。なので結果的に外に出たくなくなりますけど(笑)

これだけ外に出ない僕にすら、もう一ヶ月はもたないという声は聞こえてきます。これを数値化、可視化して感染症モデルと同じように示してみたらどうなんでしょう。専門家会議って医療関係者しかいないのが不思議です。政治家には知見も度量もないので、すべて外出しして議論するしかないでしょう。失業と自殺との相関は高いとのことなので、何もしないと中国肺炎で40万人死ぬというのも吹き飛ぶかも知れない。

話は変わりますが、テレワークなり在宅勤務になって、仕事をしていない人が相当炙り出されたのではないでしょうか。わかってはいても集まって業務をしているとそういう人がいても回っていきますし(誰かがカバーするから、ですが)、「仕事をしない人」に「しなさい」というのは、それこそ出口のない戦いだったりして、結局は時間の無駄なので敢えて戦わなかったりするから、これまでは顕在化しなかっただけなんですよね。

まぁ、僕は淡々とやります。

P.S. 実は今日は「今ピアノで何を弾いているのか」書くつもりだったのすが、前説書き始めたらこんなことになってしまったので、ピアノについては次回改めてエントリーします。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 グルメブログ 今日食べたものへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント