【ピアノ】 左手薬指その後

火曜日の千切り事件に見舞われた左手薬指の現状についてエントリーします。

7EC6FAE2-BC3E-4FE8-B130-60D2FF20AD79.jpeg
3504F72F-6090-46E6-A849-A6BA1E685E1C.jpeg
この画像だとまだ開いているように見えるかも知れませんが、血は止まっても明らかにパカッとなっていた傷口は、ほぼほぼ塞がりました。本当にくっつくのかなぁと不安だったのですが、この歳になっても自然治癒力は残っているようです(笑)

強く衝撃を与えると痛むときはなくもないので、ちょっと怖いと言えばその通りです。ただ、もうハノンは弾けますし、平均律も喜びの島も大丈夫です。まだ念のためパッドと指サックをつけているので弾きにくく、無意識のうちに鳴らない音が出ないように指を入れ替えたりしているようで、変な癖がついたり、薬指を庇うために違う部位(指というよりも腕の筋肉)を痛めたりしないように気をつけないと…

今日はすべての曲を弾きました。ともかく意外にも回復が速くて安堵しております。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

utaemon
2019年11月25日 13:03
こちらでは随分ご無沙汰になっていましたが・・・こんなことになっておられようとは!指!ざっくり!・・・聞くだけでも自分の指が痛くなるのに・・・回復が早いのはスゴイですね。日々のトレーニングの成果?なにはともあれ、お大事になさって下さいね。