【ピアノ】 左手薬指の千切りの巻

とっとと公開してしまいたい記事があるのですが、やはりこちらの方が面白いので先にエントリーします。

火曜日の夕方、買物から戻ったのがやや遅くなってしまい、さてここから常備菜3品作らないというのが17時。時間配分の何を間違ったのかもよくわからないというとっ散らかった日で、それなら1品翌日にすれば良いのに強行。その3品とは豚バラ大根、切り干し大根、にんじんのしりしりでした。

1つ目の豚バラ大根を作っていたときに、それは起こりました。切り干しを戻しつつ、大根の皮むきを済ませて、生姜を千切りにしていたときに、何かに当たったなと思った瞬間、ブスッと左手の薬指の腹の左上を包丁が直撃! すぐに傷口をみると結構深めで、どんどん出てくる出てくる…とにかく脱脂綿を消毒して指に巻いて、その上から絆創膏(って死語?)でぐるぐる巻き、そしてゴム手袋を嵌めて作業復帰。とにかく3品作りました。

翌日朝、薬局(いやドラッグストア)で化膿防止の軟膏とテープ、指サックを買ってきました。そのときにみた脱脂綿は真っ赤。指の爪と肉との間も真っ赤で、とにかくそれを消毒液できれいにして、改めて買ってきたもので塞いだところがこれです。

9A88E989-7467-4F9F-B3B4-A7FD0B4B4BD3.jpeg
05874CB8-6498-4DDC-8747-EFA944A06B35.jpeg
前夜は指が2倍くらいになっていましたが、これでほぼもとの太さに戻りました。水曜日はまだ少し痛みがありましたが、木曜日には痛みそのものはなくなりました。傷口はまだ塞がっていないので、指サック状態は変わっていませんが。

水曜も木曜もピアノは弾きました。ドビュッシーは案外左手の4を使っていないことがよくわかったのですが、バッハは結構無理がありますね。滑らせたり、細かい動きを指サックのゴムが邪魔をします。バッハに限らず速い動きはもっと無茶で、黒鍵と黒鍵の間に薬指が挟まってしまったり(笑)ハノンは無理です。

一時はどうなることかと発表会のことまで心配してしまいましたが、何とかなりそうで安心しました。

BA2304E5-1916-4F47-B91B-98E361BB0CA2.jpeg
DEEF001E-4AAB-4B83-B110-42D0018543A1.jpeg
7B5C812C-CEAE-4237-8C17-50CB4419A70C.jpeg
3日連続でまったく同じメニューでした。これは意地かも(笑)豚バラ大根としりしりは食べてしまいましたが、切干しはまだ小さな重箱一つ分あります。そういえばあの日、生姜を買い忘れて駅前のスーパーへ走ったのでした。生姜の祟りだったのでしょうか…

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント