藤田真央セカンドアルバム


続いて聴いたのがこのセカンドアルバムです。

7E467E8D-E064-449B-9E7D-829B495669AD.jpeg

ベートーヴェン: ピアノソナタ第14番嬰ハ短調 作品27-2
ワグナー/リスト編: 歌劇「タンホイザー」序曲
プロコフィエフ: ピアノソナタ第6番イ長調 作品82

このアルバムのベートーヴェンは月光。この曲については僕の好みが偏っているというのか決定盤がない状態なので、その曖昧なスケールから感じたのは決定盤ではないかなということです。第1楽章などはとても余韻のある音で歌い上げられていて深みのある音楽ですし、第2楽章も可憐でチャーミングな演奏を聴くことができます。こう書いてきて第3楽章がちょっとイメージとは違うのかも知れないなと。

ちょっとあれ?と思わなくもなかったのですが、それを完全に覆してくれたのが「タンホイザー」の堂々たる演奏。いやぁ聴かせますねぇ。15分に渡るこの曲の構成はもとより、部分部分でも聴きどころが満載です。原曲がどうのこうのを超越したピアノ曲としての圧倒的なタンホイザーを聴くことができました。ブラヴォ!

続くプロコも若さに溢れ、瑞々しい響きに惹きつけられました。もうそれだけでも十分なくらい魅力的でした。戦争ソナタというよりは寧ろ7番交響曲の青春のような、そして随所に現れるモティーフや響きがロメジュリを想起させました。プロコを聴く喜びここにありといった感じでした。

7/14
【トレーニング】背中3・二頭筋3・体幹3各3セット、エアロバイク60分、ストレッチ
【ピアノ】フーガ〜平均律第15番、プレリュード〜平均律第16番、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント