作家と一日

ANAに搭乗することはまずないので機内誌のことも不案内ですが、吉田修一さんのエッセイが掲載されているのは羨ましい…JALは浅田次郎さんが執筆されていて、こちらも毎回面白いですが。 作家「の」ではなく、作家「と」一日というタイトルにされた理由は「作家の一日など退屈極まりない」からとのことですが、各々のエッセイは旅を想起させてくれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more