きのう何食べた? 実写版第11話と最終話


アップするのを忘れていました。

第11話の冒頭ではシロさんがお母さんと一緒にとんかつ作っていました。小麦粉、卵液、パン粉という作業、僕も小さい頃弟も一緒に母を手伝っていたのを思い出しました。とんかつではなく牛カツでした。カツと言えば牛と決まっていて「今日はカツよ」と母が言えば牛、とんかつのときには「とんかつよ」と言ってました。関西は牛が普通と言いますがどうしてなんでしょうね。

ということで、素っ頓狂なシロさんのご両親夫妻との関わりを巡る最終2話でした。いつもながらほんわかとして良いお話でしたし、ちょうどシロさんがこなれてきたところでラストを迎えましたね。なるほどそういう展開だったわけかと納得しました。

続編はないのかも知れませんが、このシリーズでは内野さんと磯村さんのなり切った演技が体当たりで迫力があって、改めて俳優さんって凄いんだなぁと感じ入りました。西島さんはシロさんがああいう感じなので、なり切るわけもいかずというところで難しい役どころだったのかも知れません。ただ、垣間見せる表情は原作のシロさんだなぁと僕は思いながら観ていました。

そして、梶芽衣子さんや田中美佐子さんはもちろんのこと、中村屋の店員の辻元清美に似た女優さん、山本美月さんを虐めていた上司役だった俳優さん(田中美佐子さんの旦那さん役)、美容院の皆さん等々要所要所が締まっていて、出来栄えはとても良かったなと思います。

7/3
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュードとフーガ~平均律第15番、喜びの島、映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック