【ピアノレッスン】 喜びの島初回レッスンの巻


昨日はレッスンでした。僕の個人的な都合で土曜日にはレッスンはないのですが、6月に一度もないということになるので特例で見て頂きました。

平均律は17番のフーガ。テーマを明確にしようと、最初の2つの八分音符を半分くらいスラーをつけた感じにして頭の方を少し強めに出して弾きました。先生から「そういう音源もあるかも知れないけれども、最初の2つは2拍目だからあくまでも弱拍。逆に3つ目の方は3拍目だから2拍目よりも強い。強・弱・弱強・弱を意識して弾いた方が聴き手にとって心地良いのよ」と言われて、曲づくりが迷走して基本を忘れてしまっていたことに気づきました。その点を修正することと、16分音符が右手に出てくるときは煩くならないよう留意して弾き直して○となりました。4声の弾き分けはできていたようです。

さて、映像に続いてまたまたのドビュッシー となった「喜びの島」。以前先生からこの曲を勧めて頂いたときにはとても無理だと思っていたのですが、曲がりなりにも「映像」を経験したことで決心がつきました。この曲はハバネラあり、バルカローレありと場面が明確なので、分けて練習してきたのですが、通して弾いたことが殆どなく、昨日初めて通してみたところうまく流れなかったので、途中止めつつ聴いて頂きました。

・冒頭に繰り返し出てくるトリルとそれに続く32分音符をどう表現して聴き手を掴むかがまずはポイント
・トリルは細かく繊細に、32分音符は一つ一つの音を立たせて正確に、最後の一音まで明確に
・ハバネラは楽しげに
・28小節目以降は左手を聴かせる、そして歌う
・バルカローレはまだまだ譜割りに意識が行ってしまっている
・5連符の左手が自然に流れるように
・コーダ冒頭の右手は最後の32分音符まできちんと鳴らすこと
・最後はまだまだ雑なので練習が必要

こんな感じで初回のレッスンは終了しました。次回までに細部の手当てをきちんとして、もう少し曲の姿を作っていくつもりです。現在のところ12月の発表会で弾きたいと考えています。

6/22
【トレーニング】 エアロクライム145w60分ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第17番、喜びの島さらってレッスン

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック