ウィーンホールでは「映像」を弾きます


来月末のウィーンホールでのピアノ発表会番外編ではドビュッシーの映像第1集を弾かせて頂くことにしました。いつもの発表会で弾いたわけでもなく、しかも3曲となると15分を超えるので、躊躇しなくもなかったのですが、思い切って先生にメールしてみたところ、構わないというご返事を頂戴しました。

この一ヶ月、録音のときに上手くいかなかったところや自信のない箇所を中心に解凍作業、3曲続けて弾いてみたりもして、何とか目処がつくような気がしたので思い切って…(いやホントに清水の舞台から、って感じです)ウィーンホールで、あのピアノで、しかもドビュッシーなんて夢のような世界です。これからは現実に戻ってしっかり準備しなければ。

差し当たっては本番用の楽譜の準備をしなければ(ハナから暗譜する気がない(笑)という訳でもなく、ほぼほぼ暗譜してはいます)。一方で「喜びの島」を始めたばかりなので、兼ね合いが難しいなぁと自爆。喜びの島は年末の発表会でと考えています。あとは大人の発表会にもしお声がけ頂けたらどうしようかと。

こんなこと言っている間は楽しいんですけれどね、遠足と一緒で。

6/21
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第17番、喜びの島

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック