きのう何食べた? 実写版第6話


シロさんのモテ期到来?(笑) 相変わらず内野さんの嫉妬絡みの表情は味わい深いものがあります。本当にお上手というか、なり切った感が凄い。さすがの演技力です。

ストーリー的には散々な感じのシロさんに「神」現るということで、あのスーパー中村屋の愛想のない辻本清美みたいな店員さんが売変のラベルを貼るところ、ここが見どころだったかと(そんなことないか)。

そして、いよいよ磯村ジルベール登場。

極めて普通っぽいゲイの男性という感じで現れましたね。この俳優さんも七変化並みに役柄を演じ分けてますね。ひよっこの好青年のイメージはそれなりに強いですけれども、ツッパリだったり今回のようなゲイだったり。今後、どんなわがままを言い続けるのか楽しみです。

今回の料理は、鶏の手羽先鍋とレンコンのきんぴらでした。骨つきのかしわで鍋が成立しているのだから、手羽もありなんでしょうけれど、手羽だけの鍋というのを僕は見たことないです。おそらく骨があることを忘れるくらいにホクホクに仕上がるんでしょうね。美味しそう。

さて、西島&内野の完成度に対して、山本&磯村のバランスはどうなんだろうと思わなくもありません(これまで山本さんの小日向さんが一人で完成された世界を作ってしまっていたように感じるので)が、この二組のカップルがどのように丁々発止していくのか楽しみです。

5/13
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュードとフーガ~平均律第17番、エディット・ピアフを讃えて~15の即興曲集第15番、喜びの島

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック