【ピアノレッスン】 発表会には何を弾くのか?


アンサンブルの方はピアノパート譜を作って、実際に合わせながら音を作り始めています。ソロの方も気持ちにゆとりを持たせるためには、そろそろ決めておいた方が良さそうです(秋になれば時間はあるのですが(笑))。

まずは以下の曲を候補として選んでみました(曲からは選ばれていません)。

ラヴェル: 「クープランの墓」から抜粋
グラナドス: 「ゴイエスカス」から愛の表示
リスト: 「2つの伝説」から波を渡るパオラの聖フランチェスコ
プロコフィエフ: ピアノソナタ第7番から第3楽章
ドビュッシー: 喜びの島

クープランの墓はプレリュードだけは弾いたものの、他の曲は未体験。トッカータが無理だとすると、他の曲をラストに持ってくることになりますが、リゴードンは纏めて終わり感はないとはいえませんがあっけないし、フォルラーヌやメヌエットを終わりに持ってくると「どうしたの?」と言われそう。

グラナドスは憧れの曲でもあり、元気なうちに挑戦してみたいとは思っていますが、如何せん難曲過ぎます。さらっと弾いてみた結果、今からやっても間に合せるのは無理だろうという結論に達しました。弾き切るには技術っはもちろんですがかなり胆力が必要な気がします。

リストは素敵な曲なのですが、この「聖フランチェスコ」に共感できるかというとちょっとしんどいです。プロコは格好イイ曲でドライブ感ある颯爽とした演奏ができれば素敵ですが、7/8拍子を攻略する自信がイマイチ出てきません。これなら変拍子の方が気が楽という感じ。

喜びの島は以前譜読みだけはしたことがあります。だからと云って難しい曲であることに違いはないのですが、映像を3曲やってみて案外ドビュッシーは曲作りの面で楽しいことがわかりましたし、この曲も場面場面の変化がイメージしやすそうな印象を持っています。

ということで、今のところ「喜びの島」を採り上げようかと考えています。プーランクの次はこの曲を見て頂こうと思います。ひょえ~

5/10
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第1番、プレリュード~平均律第17番、エディット・ピアフを讃えて~15の即興曲集第15番、喜びの島

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック