【ピアノレッスン】 次は「エディット・ピアフを讃えて」


画像



















ドビュッシーの次は「クープランの墓」のメヌエットか、この「エディットピアフを讃えて」のどちらかにしようと思っています、と先生に申し上げたところ、「ピアフを聴いてみたい」ということでこの曲に決まりました。

プーランクを弾くのはパスツレル以来、そして2作品目になります。パッと見捉えどころの難しい曲が多いので、わかりやすい方が好きな僕は、どうしてもこんな感じにならざるを得ないようです。プーランクがエディット・ピアフのファンだったというのにびっくりし、そして即興曲集の最後に彼女へのオマージュを持ってきているのにもこれまたびっくりしました。

愛の賛歌、バラ色の人生、パリの空の下、彼女が歌ったシャンソンは数ありますが、プーランクのこの曲からは枯葉に似たメロディが聴こえてきます。彼女のあの声、そしてシャンソンらしいメロディライン等々、見た目簡単なこの曲も実は難敵のようです。

それでも、歌心を忘れずに僕なりの賛歌ができたら嬉しいなと思います。できるかな…

4/25
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 フーガ~平均律第1番、プレリュード~平均律第17番、エディット・ピアフを讃えて~15の即興曲集第15番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック