台湾第3日その⑦/金峰魯肉飯


今回最後の夕食は、行けなかった黄龍荘のある中正紀念堂站繋がりという訳ではありませんが、このお家の魯肉飯にしました。僕が最も好きな魯肉飯を食べることができます。

Ⓜの2番出口を出るとその行列具合がわかりますが、この日は僕の前に並んでいたのが10人ほどで、ほどなく席に案内されました。僕の後ろに並んでいた母子(大学生かと思われる男の子とお母さん)が相席でした。

画像



















画像



















画像



















画像



















お願いしたのは、上から順に魯肉飯(大)、肉焿湯、魯蛋と燙青菜です。相席になった母子は、最初奥の壁側に座った僕の隣とその向かいに着席したので、取りにくいだろうとオーダーシートと鉛筆を渡したりしたのですが、青菜が運ばれてきたときに「これは何ですか?」とご子息から聞かれ、「燙青菜ですよ」と指差して教えたりして、どちらが台湾人なの?みたいな感じで、とても楽しい食事になりました。

こういうお店は長居は無用なので、もう少しお話したかったのですが「お先に」と言って席を立ちました。そうそう、このために中国語勉強してきたんだよねー。とても楽しい夕餉でした。お値段はこれで160塊、600円くらいで、この感覚で食事していると200塊でも高いなぁと勘違いしてしまいます。

さて、ここから何とこの日2杯目のかき氷を食べに行くことにしたのでした。

2/20
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 プレリュード・フーガ~平均律第7番、ラモーを讃えて・運動~映像第1集

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 旅行ブログ 台湾旅行へ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック