日本酒選びの教科書


後輩に一度だけ連れていってもらった四谷三丁目の「酒徒庵」。自分で予約してくれて良いよと云ってもらって、再訪しようと思っていたところで、看板(と云えるのかどうか、ですが)がなくなり、どうやら閉店したらしい・・・とそのままになっていたのですが、この本で店主のお名前を発見しました。

画像



















お店の名前がわかるものはなくなっていたものの、どうやらまだ何かやっているような感じもあり、居抜きかと思ったりしていたのですが、ご主人のやりたいお店に衣替えされたということをこの本で知りました。

僕は日本酒の名前は本当に覚えない方です。なので、日本酒を飲むときは連れの好みで選んでもらったり、僕が選ぶときには料理にあったものをお店の方に選んでもらうことが殆どです。酒徒庵でも「キリキリのお酒が好き」とか訳の分からないことを云って、竹口さんにお任せで呑ませてもらったのを覚えています。

この本でも竹口さん推薦の「一度は飲むべき日本酒30」が紹介されています。残念ながら僕が知らないお酒ばかりです。ひょっとするとお邪魔したときに呑ませて頂いたのかも知れませんけれど。あのときは、一升瓶全体が新聞紙に包まれていたりしてましたしねぇ・・・とても楽しかったのは覚えているんですけれど。

日本酒選びの教科書
竹口敏樹監修 ナツメ社

7/17
【部屋トレ】体幹、ストレッチ
【ピアノ】プレリュード~平均律第19番、3つの踊り~三角帽子

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック