名鉄昭和のスーパーロマンスカー


画像

















名鉄といえばこの方!という徳田耕一さんの手によるものです。僕が初めて名鉄に乗ったのは、近鉄にアーバンライナーの影も形もない頃、二代目ビスタカー3両編成の名阪ノンストップに乗って名古屋に出かけたときでした。目的はもちろんパノラマカー7000、7500に乗車するためです。

この書物に出てくる5300、5700はまだ登場しておらず、パノラマカーが特急に活躍、その他のSRが支線の特急で運用されていました。その当時はたまたま急行は揖斐線や美濃町線でしか走っておらず、鉄道線系列では特急とその他のグレードが違い過ぎるという評判がありましたし、実際そうでした。

(引用始)名古屋鉄道における高性能電車の前史を築いた初代5000番台電車が、昭和30年から34年にかけて名古屋本線の特急用として登場。これらは「スーパーロマンスカー」略してSR車として、昭和36年に誕生したパノラマカーとともに活躍した。時は流れて、昭和61年には、国鉄の分割民営化対策として、新SR車の5700系、5300系も登場した。これらの新SR車も新型車両への交代の時期が間近に迫り、その姿を見られるのもあとわずかとなった。本書ではパノラマカーと共演して、名脇役として活躍した5000番台グループの各車両の誕生から、現状まで60年間のあゆみ、軌跡を豊富な写真、形式図面、データを盛り込んで紹介する(引用終)

派手な変遷のあったカラーリングもその頃にはボロ電も含めスカーレット一色に統一されていましたが、登場後20年近く経過していたパノラマカーは女王として君臨しており、スピードメータのついた前面の展望席はもちろん、そのスタイルに改めて魅せられました。当時は一部の座席指定列車を除いて、殆どの特急が特急料金不要でしたから、その点でも凄いなと思ったものです。

時代は変わり、2ドアではラッシュ時の乗降に支障をきたすという(というか不満の声が多くなった)ことで、3ドア、ロングシートの車両が増えていきました。この書物に登場する5000と同じ形式を冠する車両が2代目として走っていますが、ロングシートのただのステンレス車です。オンボロの各停までがともかく転換クロスシートだった当時は、経営の誤りだったとまで云われているという話も聞きます。

クロスシートが良いとかロングシートが良くないとか申し上げるつもりはありませんが、つまらない車両が増えてしまったこと僕は思っています。そのうち人口が減ってすし詰めラッシュもなくなったら、また変わっていくのかも知れません。今のところは座席確保は別料金みたいな感じですが、どうなるんでしょう。ヨーロッパでもラッシュ時は相当な混雑だけれども、ロングシートの電車を見たことはありませんねぇ。

乗り降りに支障があるのは、ドアやシートの配置の問題もあるかも知れませんが、スマホや携帯音楽に夢中になっていて降りる準備をしないからという気もします。気のせいでしょうか。

名鉄昭和のスーパーロマンスカー
徳田耕一著 JTBパブリッシング[Kindle版]

4/5
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 エチュード作品10-1、バラード第4番、エル・カミーノ・レアル

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック