【ピアノレッスン】 本番前最後のレッスンの巻


とうとう本番は一週間後となりました。

画像



















ソロは最初に一度通して聴いて頂きました。

前回ほど調子は悪くなくて全体には何とか纏まったかと思います。ただ、前半のテーマに自分の気持ちが入っていくことができず、何とかしようと足掻いてみたもののアンバランスなまま、後半へ。大きなうねりを持った長いクレッシェンドとコーダの存在感は示すことはできたとは思いますが、普段まったく問題ないのにどうして?というところで細かいミスタッチがあって凹むところもありました。

前半は先生からも緊張しているのが見え見えとコメント頂いてしまいました。力んで全体に音が出過ぎ、特に左手の和音が大き過ぎて耳障り。デュナーミクは一段落としてpの部分はちゃんとpで、左手の2、3、5、6拍の和音は指が触れている程度まで落とすこと。

導入部分をきちんと提示しようとするあまり、全体に音が大きくなってしまっていたようです。導入が大きくなった分、テーマからも音量が落ちず、左手のコントロールもお留守になってしまっていました。入り込めなかった原因もこの辺にありそうです。ここで聴いて頂いて批評頂けて良かったです。

アンサンブルの方は、ここまできたら楽しんで演奏しましょう!という感じでしょうか。細かいところで気になったところはお互いに確認できたので、本番はエッジの効いた熱狂的な演奏ができたら良いなと思います。

4/22
【トレーニング】 胸2・背中1・肩1・二頭筋2・三頭筋2・体幹2各3セット、エアロクライム152w60分、ストレッチ
【ピアノ】 エチュード作品10-1、バラード第4番、エル・カミーノ・レアルさらってレッスン

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック