配線略図で広がる鉄の世界[第2版]


画像

















前の職場(というか会社)に、クオンツおたくで他人に心を開かない男がいました。まぁ当たり障りなく付き合っていたところ、ある日その男のデスクに東京の鉄道配線図が置いてあるのを発見。どうやらその男の自筆で、それぞれの駅の配線が詳しく描かれているのに驚きました。

この本を見つけたのはAmazonの中での単なる偶然ですが、タイトルを見たときにあのときの出来事がフラッシュバックしました。もっと配線図そのものがガンガン展開されているものと期待していたのですが、「複雑に絡みあった鉄道駅構内の線路接続と、周辺施設の配置を簡潔に記述する鉄道配線略図の入門書」ということで、駅の配線を中心にそのメリットデメリット、そうなった経緯とか、どちらかというとメカニックな蘊蓄の世界が展開されていました。

予想とは異なりましたが、「ああそうそう!」みたいなものも多く、一方で「ああそうだったのか」という発見もあったりして、楽しく読みました。

配線略図で広がる鉄の世界[第2版]
井上孝司著 秀和システム[Kindle版]

3/20
【トレーニング】 体幹(部屋トレ)、ストレッチ60分
【ピアノ】 バラード第4番、エル・カミーノ・レアル

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



配線略図で広がる鉄の世界[第2版]
秀和システム
井上孝司

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 配線略図で広がる鉄の世界[第2版] の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック