発表会本番用の楽譜ができました!


まだまだ先だと思っていたのに本番まで一ヵ月半を切りました。

画像



















小学生でも簡単にできる工作。新宿の世界堂で台紙を購入、テープ糊を使って楽譜を台紙に貼り付け、それぞれの台紙を連結させてできあがりです。

画像



















ショパンは菊倍版をA4でコピーした上で2枚A3に纏めてA4に縮小コピー。エキエル版はちょうど16ページなので、8ページずつ2枚になるよう横に繋げました。ちょうど134小節目のカデンツのところで左手で下に落として譜めくりをします。

画像



















エルカミの方はもともとA47ページで作ってあり、ちょうど4ページ目が中間部への移行部分になります。そこで4ページ目を2枚にして、1~4ページ、4~7ページを縦にして繋げています。こちらは譜めくりは中間部で右手が空いたところで行う格好にしました。

画像



















画像



















僕に限らず、小さい頃からレッスンでは暗譜して弾いてようやく○、発表会は暗譜が当然だったと思います。おじさんになってレッスンを再開、レッスン曲都度の暗譜はともかく、発表会ではハンガリー狂詩曲第2番でも暗譜で臨んできました。

ところが、ラヴェルの道化師の朝の歌を弾いた発表会で、その本番数週間前で頭が真っ白になり、どうしても思い出せない箇所が気になったり、夢に出て来たり・・・ここで暗譜に気を使うよりも、曲作りに力を注ぎたいこともあって、その次のヒナステラから本番用の楽譜を作るようになったという顛末です(アンサンブルはずっと楽譜ありでやっています)。

バラードはA4横が4枚ということで譜面台からはみ出してしまっており、セッティングに気をつけないと譜めくりが上手くいきませんでした。実際、試しにやっていると台に置いた楽譜2部すべてを床に落としてしまいました。

また、譜面の位置が変わったことと、1ページ目と8ページ目は目を凝らさないと厳しいこともあって、まだまだ戸惑うことも多いので、速く慣れなければと思っています。エルカミの♩=135は無理かなぁ・・・

3/19
【部屋トレ】 体幹、ストレッチ
【ピアノ】 バラード第4番、エル・カミーノ・レアル

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ガッツ(がんばれ!)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック