なぜ京急は愛されるのか


画像



















僕も京急が好きです。大きな荷物がない限りはモノレールではなく都営線と京急で羽田に向かいます。鮫洲を過ぎてからの平和島かっ飛ばしの韋駄天走りと、京急蒲田の一大ジャンクション、そして京急の車両を見たいからです。横浜からの帰りも湘南新宿ラインではなく、京急のA快特で泉岳寺まで行って都営線で帰宅します。

なぜなんでしょう? 関西私鉄に似ているように感じているからなんでしょうかね。

関東私鉄も古くは東武のDRC、DRC化される前の1700、小田急の3000シリーズのロマンスカー、西武の初代レッドアロー、昨年デビューした東武のリバティ、小田急のVSE、GSEのように魅力的な特急車両は存在します。一方で通勤車はというとステンレスとパイプにペコペコのシートという味も素っ気もない電車ばかり。ハードにしても、複々線化や高架化には気の遠くなるような時間がかかり、緩急接続もあまりなく速達性にも全く興味がないように感じます。

関西の方が良いという気はさらさらありませんが、木の温かみを感じるインテリア、ふかふかのシート、電灯一つとってもカバーがついていたり、エクステリアも一部を除いてステンレス剥き出しなんてことはなく「色」への拘りが感じられます。ハードも土地代が安いこともなって複々線や三複線までドドーンと備えられていますし、速く走るために各停用の車両の加減速性能が高かったりします。

ただ「色」への拘りについては、さっさと捨ててしまった南海を始め、何が良いのか残念としか言いようのない京阪、急行用はタイガースなんだか読売なんだかわからなくなり、各停用に至ってはステンレスにシャボン玉になってしまった阪神もありますので、最近は微妙ですが。そんな中でも阪急は伝統のマルーンで頑張っています(誰ですか?汚い茶色とか云うのは(笑))。

また、ダブルデッカーを組み込んだ京阪の8000、3ドアながらも大きな窓とクロスシートを誇る阪急9300や京阪3000のように特急料金なしで乗れる快適な特急電車が当たり前に走っています。人が少ないとかケチということもあるんでしょうけど、普通運賃で乗車できる電車としては破格だと思います。最近、東武や西武、そして京王でもクロス/ロング切り替え可能な車両が登場しましたが、クロスは料金を取る列車専用です。そもそも、あんなちゃっちいので料金取ろうという発想がイケてない。料金はラッシュ時の着席料金ということにして、日中の空いている時間帯にはクロスで走らせれば良いのにと思います。

さて、京急ですがオールクロスの2100という車両もありますし、古くから大きな窓や一枚扉、前照灯が一つ目等の見た目のこだわりの他、電動台車を先頭に持ってきたり、増結開放のための連結器への工夫、ドレミファインバータのようなメカ、そして渡り線や引き込み線の有効活用、信号やポイント切り替えのマニュアル維持、アクシデントが発生しても行けるところまで走らせる「いっとけダイヤ」等のハードやソフトにも関西以上の特徴があります。

京急蒲田が今の姿になる前、横浜方面から羽田空港への直通ができたときに、京急川崎で羽田からの横浜方面の列車をいったん引き込み線に入れて、品川からの快特に連結(同時に各停が快特と緩急接続)させるという発想には驚いたものですが、すでに先着の各停を引き込み線に入れて、特急と急行を接続させていたことがあったことがこの新書に書かれています。もう何でもありですね(笑)

こんな愛すべき京急ですが、ステンレスに申し訳程度の赤いラインを入れた1000が登場、それが増備されるに至って「もうここまでか」と思ったものの、最近になって全面ラッピングでの赤/クリームの復活、さらにはステンレスへの全面塗装が行われることになり(すでにデビュー済)、安心しました。

なぜ京急は愛されるのか
佐藤良介著 交通新聞社新書

画像



















画像



















色々持ってます(笑)

2/20
【トレーニング】 体幹(部屋トレ)、ストレッチ60分
【ピアノ】 フーガ~平均律第1巻第2番、バラード第4番(両方とも絶不調でした)

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック