京王新5000系に乗車!


日曜日のレッスンの帰り、武蔵野台駅からまったくの偶然で、この間からダイヤ運行を始めた新5000系に乗車しました。

時刻は16時前、カメラを手にした若い男の人が何かがくるのか位置合わせをしているのを見かけて、普段はまったくそんなことがないだけに「何かがあるのかな?」くらいにしか思っていませんでした。すると、多磨霊園駅の方から、暗くてよく顔が見えなかったものの、これまでに見たことのない方向幕の電車が入線。それが新5000系でした。

新宿で先頭から降りるつもりでホームで待っていた僕が車内で目にしたのはかぶりつきに群がる少年(および子供)たち。シートはもちろんロング仕様でしたが、通常7人がけのところ1人ずつ分離して背もたれと枕までついていて、包み込むような座り心地も快適でした。飛田給駅の特急通過待ちの間に前面の撮影を試みました。ホームの先端が細くなっている上に、同じことを考えた人もそれなりにいて、こんな画像しか撮れませんでした。

画像



















いわゆる「顔」は8000系をバージョンアップしたような感じでしょうか? 外観はソコソコでも車内はかなりエコノミー感満載だったこれまでの京王の車両対比、座席指定列車に使うこともあって相当にグレードアップしています。

画像



















調布駅でもトライしましたが、ホームドアに遮られて中途半端なものしか撮れませんでした。さて、通勤ライナーの名称はどうなるのでしょうか。そして、新宿から最初の停車駅はどこになるのでしょう? 分倍か聖蹟、相模原線は永山あたりでしょうか。

10/10
【トレーニング】 体幹(部屋トレ)、ストレッチ60分
【ピアノ】 フーガ~平均律第1巻第6番、トゥリアーナ~イベリア

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック