2台ピアノのための協奏曲 ~小曾根真&チック・コリア


7/3のEテレクラシック音楽館は「N響第1835回定期公演」。僕はその中のモーツァルトの協奏曲だけを聴きました。

小曾根さんは赤、チックは白の上着。チックの足許はナイキのスニーカーでした。楽しげで、表情も柔らかくそして明るい。それがそのまんま音楽になったようなモーツァルトでした。聴かせどころのカデンツはもちろんのこと、スウィングしたり、装飾音で遊んでみたりと堪能させてもらいました。チックの指回しが怪しかったのはご愛嬌。

聴衆はもちろんのこと、四季の尾高さんもN響のメンバーもにこやかに暖かい拍手を送っていました。しかし、その中で見てしまったのが、楽器にスワブを通していたとある奏者。せっかくの音楽の喜びもぶち壊されているようでとても残念な気分。のだめカンタービレのハチャメチャはありでも、この演奏はあり得ないということなんでしょうか?

この人はいつも怖い顔して汚い音で吹いているんだけれどもなぁ・・・

画像





















昨日は七夕。生憎曇り空、連れとこんなお酒を頂きました。DATE7、7/7 19時解禁なのだそうです。

7/7
【部屋トレ】 体幹、グリッド
【ピアノ】 プレアンブルム~パルティータ第5番、ソナチネ第3楽章

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



ジャズ・ピアノ・コレクション チック・コリア
シンコーミュージック

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ジャズ・ピアノ・コレクション チック・コリア の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

この記事へのコメント

2016年07月12日 15:15
こん**わ。遅レスでスミマセヌ。
これ、私も見てましたぁ!
カッチョよかったですよね。
そして、最後の「自撮り」が素晴らしい!
俺も今度舞台上であれ、やってみようかなぁ?
とあこがれて・思ったり(でも多分・不可?!)。
24hirofumi
2016年07月13日 05:43
> うたえもんさま

ご覧になられましたか。楽しかったですよね。自撮り、僕もびっくり。今度の発表会、僕はiPadを使うつもりなので、やってみようかなと(笑)

この記事へのトラックバック