臺灣2015(B級グルメ編その2)


台中からの帰り、ブタッ鼻の機関車にガタガタ揺れる客車という編成の高雄始発基隆ゆきの自強124次車中で不貞腐れつつ(笑)も、これからどうしたものかと思案していました。

そうだ、ここに行こう!と思い立ったのが、台北車站北側の華陰街にある「福元胡椒餅」。ここの胡椒餅を一つほうばってから、寧夏夜市へ行こうというわけです。このお店は「世界ふれあい街歩き」の永康街の回で紹介されたところです。

画像



















17時10分頃行ってみると、20分待ってくれということでした。この画像のテーブルの上に立て掛けてあるボードに5時30分と書いてあります。その横にある番号札を渡されて、オーダーした3個分の代金135元を支払い時間を待ちます。

画像



















この近辺をブラブラしながら時間に戻ってくると、もう「配給」は始まっていました。相変わらず言葉はわからないものの「20」という単語が聞こえたので、20番までの札は大丈夫なんじゃないかと「17」の札を出すと、先に「20」の札を出していた人よりも、僕の方を先にやってくれました。勘は一応当たっていたようです。

画像



















二つに切ってみると、中はこのようになっています。一つ熱熱を歩きながら食べましたが、熱い油が飛び出さないかとヒヤヒヤし通しでした。翌朝の朝食にしたのですが、冷えると味が馴染んでいてこれもまた美味かったのと、油が飛び出る心配もないので、これもありかなと思います。

画像



















いったんホテルに戻り、浴槽に浸かってストレッチのあと、寧夏夜市に向かいました。本来ならMRTなんですけれど、やや疲労困憊の感もあってタクシーに乗ってしまいました。

画像



















画像



















画像



















画像



















画像




















画像



















今回の牡蠣オムレツは甘いソースが多い中、甘さ控えめ。牡蠣も大ぶりでしたし、スープも素朴で美味かったです。鶏肉飯は前回同様鉄板でした。

このあと甘味に向かいましたが、甘味については3日分まとめてエントリーします。

9/12
【トレーニング】 背中2・三頭筋2・体幹5各3セット、エアロクライム180w60分、ストレッチ60分
【ピアノ】 カプリチオ~パルティータ第2番、バラード第1番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック