臺灣2015(B級グルメ編その1)


今回のB級グルメは牛肉麺2度の夕食、朝の駅弁1度、昼の軽食1度、そして最後の夜が夜市と胡椒餅でした。

初日の夜は東区の永康牛肉麺へ。金春號牛肉麺は月曜日お休みなので、火曜日に。永康牛肉麺ではスパイシーなサツマイモ入りおこわと四川牛肉麺という辛いコンビ。

画像



















画像



















画像



















おこわは110元、牛肉麺はサイズの小さい方で200元(大きい方は230元)。やや観光地価格ではありますが、おこわは辛くて新鮮、そして下に敷かれたサツマイモの甘さがアクセント。牛肉麺もそんなに辛くはなく、牛肉のうま味とスープの深い味わいが際立っていました。

二日目の夜は予定通り、金春號牛肉麺へ。ここは「男子ごはん」で紹介されていたお店。MRTの中山駅が最寄りとはいえ徒歩15分、寧夏夜市は目印にはなりますが斜めに入り込んだ道沿いなので、台南で疲れていたこと、夕方から結構な豪雨だったことで、台北駅からタクシーの列に並びました。4メータだったので、運転手さんには申し訳なかったですが、背に腹は代えられず・・・

画像



















画像



















画像



















澄んだスープの牛肉麺には牛肉が麺の下にも隠れています。スープはすっきりしつつもコクがあって美味しい。野菜は空芯菜のガーリック炒め。

二日目の朝はおなじみ台鐵弁当。台北車站での販売は8:30からなので、三日目は8:28発の自強號乗車のため、朝食は抜きでした。

画像



















この時間は排骨弁当だけのようです(前々回、前回の記憶は曖昧・・・)。そして、この新幹線と台鐵を乘り継いで到着した台南ではまずはこれを!ということでタクシーで乗りつけたのが「周氏蝦巻(總店)」でした。

画像.














まぁ名物なんでしょうけど至って普通の揚げもの。台中や台南では席を確保して、注文票に数を記入してお勘定を済ませて注文するスタイルのお店が多いように思います。このお店もその方式ですが、注文と同時にマクドナルド同様料理が供され、トレイを自分で自席に持っていくというやり方。仕方ないけど味気ないですね。

隣にプリン屋さんがあったのでミルクプリンを一つ買って、お店の前のベンチで食べました。正にお口直しで美味しかったです。帰りに高鐵台南駅のセブンを覗いたら、大量に売られていました。ありゃりゃ(笑)

画像














今日はここまでです。台北車站北側の華陰街にある福元胡椒餅と寧夏夜市、そして甘味は別にエントリーします。

9/9
【部屋トレ】 体幹
【ピアノ】 カプリチオ~パルティータ第2番、バラード第1番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック