そして、実家の引渡し


月曜日はお休みを頂戴して、実家を引き渡してきました。何に限らずこういう種類のものは、得てして事務的に淡々と行われ、気がついたら終わってました、的なことになるものですね。

僕が幼少期を過ごした家ではないので、あんなことこんなことと僕が思い出すことはあまりありません。ただ、両親からすれば子育てが終わって以降、祖父母の面倒も含め、二人の生活が詰まった家であることは間違いありません。そんなことを考えていると、書類に記名捺印していることが恨めしく思えたりもしました。

これから法事や墓参りのときはどうしたものかなということを始め、足場というか一つの拠点がなくなったんだなぁ、とある種の感慨はあります。そんな僕の気持ちとは関係なく、神戸の街は存在し続けるわけなんですが。

そんなこんなで位牌も持って帰ってきましたので、昨日エントリーした仏壇の住人もできました。何となく始終監視されているようで、今のところすこぶる居心地悪い(笑)のですが、そのうち慣れるでしょう。

P.S. 
僕がうっかりしていて、ユーティリティ関係の解約手続きを忘れていました。引渡し前日の日曜日にすべて済ませることができずに、当日引渡し後に具体的な話をせざるを得なかったりして・・・(ネットで申し込んでも、電話で改めて確認する必要があったり)。

土日電話受付のないところも結構あり、その上何とかアラームとかネットの環境とか、本人たちでなければわからない契約もあったりして、正直難儀しました。機器を送り返してくれとか言われてもなぁ。

契約でこうなってますと云うのなら、契約した本人が死亡したときに訳のわからない残されたものに負担にならないように工夫できないものかと。もう少し合理的になればありがたいのですが(って、もう僕には関係ないんですが)。

8/25
【部屋トレ】 体幹
【ピアノ】 カプリチオ~パルティータ第2番(開き直って片手ずつ)、バラード第1番

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2015年08月26日 09:21
種々お疲れ様でした。
神戸との縁が一つ切れてしまったンですね・・・
ともあれこれで諸々一つの区切り、なのでしょうか。
高齢の母を実家に残す身として、
色々と考えたお話でした。

なるほど、
「後」のことは、ホントに大変だろうなぁ・・・
24hirofumi
2015年08月26日 20:34
> うたえもんさま

コメントありがとうございます。
仕方がないこととはいえ、少しだけ・・・寂しいです。
ただ、そのうち僕自身が実家を持て余すことは間違いないので、できるうちにできることをやっておいて良かったということになると思います。

来月も高校のOBオケの演奏会があるので文化ホールへ伺います!

この記事へのトラックバック