阪神大震災から20年


あの震災から20年経ちました。

この間のことのようにも思えますし、ずっと昔のことのようにも思えます。父が他界してから、神戸や芦屋の市内を歩くことが多くなりました。表面的にはきれいな街に見えますが、その一方で、心の傷や復興についての新たな負債等々まだまだ大きなものを抱えています。

神戸市民の44%が震災を知らない世代になったとのことです。僕も被災していないわけですが、映像で見た凄まじい街の姿、帰省して見た変わり果てた地元の姿、地震が一時間遅かったら高速湾岸線で父が被災していたかも知れない等々、それなりの立場で感じていることは数多くあります。今後戻って住むことはないと思いますが、この思い、とりわけ今日のような節目の日は大事にしていきたいと思います。

今日はセンター試験ですね。受験生のみなさん、これまでの頑張りを十分に発揮されますように。受験生の殆どの方は直接被災なさっていないとはいえ、もう少し日程に配慮があっても良いのではないかと思ったりします。事務局は大変なんでしょうけれど。

1/17
【部屋トレ】 体幹
【ピアノ】 3つのアルゼンチン舞曲集、ピアノ協奏曲第2番第1楽章

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック