日本の交響曲100年 ~題名のない音楽会


前回の題名のない音楽会は、今年で山田耕筰が日本人初の交響曲を作曲して100年にあたるということで、日本の交響曲の特集でした。演奏は沼尻竜典指揮の東京交響楽団。演奏曲目は以下の通りでした。

山田耕筰: かちどきと平和
橋本國彦: 交響曲第1番
芥川也寸志: 交響三章
池辺晋一郎: シンフォニー3 “エゴ・パノ”

芥川作品を除いた他の3曲は初めて耳にする曲でしたが、何となくではありますが作曲家のカラーが浮かび上がってくるようで、興味深く聴きました。それにしても、100周年とはいえ、メジャーとは言えないこういった企画を通してしまう、この番組のプロデューサーは凄いなぁと思います。

まだまだ、矢代秋雄、別宮貞雄、松村禎三、團伊玖磨、黛敏郎といった大御所も残っていますので、是非第2弾をお願いしたいと思います。曲によっては編成、特にパーカッションが大変かも知れませんが、よろしくお願いします!

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック