香港第2日(その2)


昨晩、無事帰国しました。寒い寒い!と渡辺さんという女性の方が、朝から天気予報で感情たっぷりに仰っていたので、どんだけ寒いんだよと恐る恐る戻ってきましたが、南国のぼんやり~とした頭にはちょうどイイくらいで、長袖ボーダーにジャケットだけでもまったく寒くなかったです。

さて、香港二日目の午後は、まずホテルの下にあるSKY100へ。同じビルの109階に泊まっている癖にわざわざ行く必要もないのですが、部屋からでは360度の眺望は無理ですから・・・。

画像















画像















画像




















画像




















画像



















ここから急いでMTR東涌線で東涌駅に向かいます。昂平360スカイレイルというケーブルカー(と書いてあるけれど、日本流に言うとロープウェイ)に乗るためです。運行開始を急いだためか、運行当初はアクシデント続きで空中で何時間も宙ぶらりんにされたりと、正直怖くて乗れませんでしたが、今回は一念発起(笑)

大仏様のある寶蓮寺へは、在香当時にフェリーとバスを乗り継いで行ったことがあったので、今回はお参りせずにロープウェイでトンボ返りの予定で気軽に行ってみたのですが・・・スカイレイルの乗り場は長蛇の列。火曜日の昼過ぎだというのに何という人の数! 結局45分待ってようやく乗ることができました。

画像














画像














画像



















画像



















やはり、怖かったです~ 落ちたら海!の上をずんずん登っていきますし、山腹も這うようにというよりもこれまたずんずん登っていく感じで、戻りのケーブルカーに乗って立ち上がったり、手を振ったりしている人たちの気持ちが理解できませんでした(笑) 僕の乗った箱の皆さんは真面目な人が多いのか、し~んとしたりして怖さ倍増。これならイチャつくカップルでもいてくれた方が・・・。

下りもまた並びましたが、10分も待たずに乗車することができました。そして、陽気な外人さん(僕もそこでは外人だけど)たちに囲まれて、あっという間にターミナルへ到着。楽しい雰囲気だったのと、帰り道はわかっているという安心感でしょうか、帰りは楽チンでした。

この時点で既に15時半でしたが、一旦ホテルに戻って着替えてもギリギリセーフかなと、マンダリン・オリエンタルのハイ・ティーを強行。Tシャツだと入れてくれないわけじゃないけれど、さすがに浮きまくって落ち着かないですからとシャツとジャケットで滑り込んだのが16時半。

画像



















画像














最上段がサンドウィッチ、中段がアミューズ系、最下段がケーキ、手前にあるのが大きなスコーン(2種類)、左手にはクローテッド・クリームとマンダリン・オリエンタル香港オリジナルのローズペダルジャム。お茶はダージリンをお願いしましたが、ファーストフラッシュって書いてあった割りには、最初から色がもの凄く濃く、味わいもダージリンじゃなくて中国種にアッサム種が混合したもの、というかキーマンみたいでした。なぜミルクも?と思ったのですが、これなら合うかも、ってどんなダージリン。

ハイ・ティーは色々と試しましたが、クリッパー・ラウンジが内容的には一番良いかなと。インターコンチは原色ギラギラのケーキとお茶が苦手、ペニンシュラは落ち着かないのとお茶がまったく駄目。僕が普段紅茶には恵まれた環境にいるせいでしょうか、香港のハイ・ティーの紅茶は舐めてるとしか言いようがないです。

これでお腹いっぱい。夕食は遅い時間に軽く麺でもと思っていましたが、西九龍は新しく開発されたので、そういうことが気軽にできる環境にはなく、28,000歩歩いた後に改めて出かける元気はありませんでした。ということで、21時からホテルのSPAでメンズ・フェイシャル・エステをお願いして、気持ち良くなったところで休みました。


にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック