【ピアノ・レッスン】ベートーベン30番ソナタの巻


あーっ! テンポの入りが速いっ! 落ち着け落ち着け・・・結局シマリなくやりたいことの半分もできずに終わってしまった第5変奏。続く第6変奏は、まぁここはメトロノームで徹底的にさらったところでもあり、やや走ってしまったけれどもこちらは何とか終了。

第6変奏はアーティキュレーションの甘いところを詰め直すこと以外は大幅改善、第5変奏はテンポを落ち着かせて何とかまとめてリベンジ。最初からこのテンポで入れませんかね、とは自問自答(笑)

それじゃ、最初から弾いてみて・・・と第1楽章冒頭から弾くことに。どこかで終わるかと思っていたら第2(3)楽章の第4変奏まで、エアコンの効いた部屋で体が火照って暑い暑い。タランテラと第3変奏がどうしても速く入ってしまって自分でコントロールできなくなる悪循環を何とかしなければ、というより早く終えてしまいたいとか思ってるこの性根がいけないですね。

次回は録音、そして次の曲はアムラン編の“TICO-TICO”になりました。

P.S.
オリンピック、男子サッカーベスト8決めましたね。南ア大会のフル代表っぽい展開みたいな・・・このままの勢いでぐいぐい闘って欲しいと思います。

にほんブログ村 クラシックブログ ピアノへ
にほんブログ村

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック