香港B級グルメ


香港3日目は結局朝はお粥、昼は麺、そして午後は甘味ということになりました。

まずはお粥、昨朝は開店前だった羅富記粥麺専家の上環のお店。

画像















注文したのは昨朝の中環のお店と同じものですが、何となく違う。お店の雰囲気が違うからだと思います。こちらはまだ電子化されていませんでした。そもそもお客さんとの一体感があるので、ボクはおっかない感じの中環のお店よりも上環の方が好きです。お値段はお粥26香港ドル(1香港ドルはだいだい10円)、揚げパン7香港ドルで同じです。

飲茶にありつけなかったお昼は九記牛腩で牛スジカレー麺。お代は33香港ドルなり。

画像















もちろんカレーだけではなく普通のスープもありますし、この麺は伊麺という卵麺ですが、粗麺や河粉もあります。牛スジだけでも大丈夫だし、カレーだけのメニューもあります。普通のスープの牛スジ麺とカレーを注文して、 最初はオーソドックスに、あとでカレーを加えてカレー麺にして食べる方法もあります。香港の麺類は量が少ないので二つ注文する手もありますし、そうしている男性客は多いように思います。

午後、太子、旺角というディープなところを散策して、帰りは香港島と半島を結ぶ3つのトンネルのうち、最も古い真ん中のトンネルを通るケネディタウンゆきの104番のバスでウェスタン・マーケットへ。疲れたところで満記甜品で甘味を。

画像















冷たいお汁粉に薬膳っぽい寒天、そこへ普通のアイスの代わりにグリーンティ・アイスをのっけてもらいました。確か26ドルだったかな。アイスがなかなか融けてくれないのでちょっと苦労したけど、疲れがとれました。気のせいだとは思いますが(笑)

香港では多くのお店でお粥は朝から食べられますが、麺類はお昼からというところが多いです(朝から食べられる生記みたいなお店もありますが)。羅富記も麺類は午後から、九記の営業は午前11時からです。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2012年05月12日 18:19
香港のB級グルメ。自分はコシのない麺しか食べたことありませんが、お粥があっさりしてて美味しそうですね。食べてみたかったです。^^
24hirofumi
2012年05月13日 07:36
> kouさま
コメントありがとうございます。
召し上がったのは、河粉という米でできたきしめんのような麺だろうと思います。ライスヌードルは他に米粉というコシのある麺、他に小麦粉の麺もあってこちらはゴムみたいです(笑)

お粥はスープにしっかり味がついているので、それだけでも結構食べ応えがあります。麺はお昼からというお店が多いですが、お粥は朝早くからやっているので是非次回召し上がってくださいませ。

この記事へのトラックバック