マンダリン オリエンタル 香港


今回はフライトはマイレージだったことと、決してお安くはありませんが茲許の円高のおかげでちょっと無理すれば届くレベルまで下がってきたマンダリンオリエンタルに宿泊しました。

ボクの部屋はこんな感じで、この向こうがトイレ(やたら広い)で、続いて洗面所、シャワー(ツインヘッドのリラクゼーションシャワー、ハンドシャワー)つきのバスルーム(日本の住宅のバスルームと同じ様式でシャワーカーテン要らずで使い勝手が良かったです)となっていました。

画像
















その反対側にテレビ等オーディオ類、ミニバーや電気ポット、カップ、ソーサー等が格納されています。左の土器のようなものはアイス入れに使われていました。右の籐のボックスはティーコージー代わりで、ウエルカムドリンクの烏龍茶の急須が入っています。右手にはクローゼット、バッゲージ置き、セーフティボックスが並んでいました。

画像
















窓側にはデスクとソファ等が配されていて、その窓からの眺めはこんな感じ。半島サイドの夜景は大したことがないので、香港島サイドのホテルは南向きのピークビューの方が個人的には落ち着きます。以前は目の前(郵便局のビルの右手)がフェリー乗り場だったのに、今や遠くに離れてしまいました(緑の三角屋根がそうです)。

画像
















2日目の午前中はこのホテルのSPAへいき、背中マッサージつきのフェイシャルですっきりした後、午後は蘭桂坊の手前の「知足楽」で足裏マッサージと上海式ペディキュア(この歳になると足の角質が・・・(笑))の施術を受けて、足許も自分のものじゃないくらいすっきりしたこともあって、その日は深水埗、次の日は旺角と、在住時にも殆ど脚を向けなかったところを探検したのでした(収穫はありませんでしたが)。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック