N響ほっとコンサート2010~N響アワー


昨晩のN響アワーはこの1日に行われた“N響ほっとコンサート”のダイジェスト版の放映がありました。NHKホール前は暑い中にも拘わらず開催前から行列ができており、このコンサートの定着度、人気の高さのほどがしのばれるところです。

入場するとロビーではN響金管セクションのファンファーレ(外山雄三さんの作品と聞こえましたが、間違っていたらすみません)がお出迎え、バッチリ決まったしっかりとした演奏でさすがでした。

ボクの注目していたクロード・スミスのフェスティバル・ヴァリエーションズも、整ったサウンドで安定した演奏でした。ホルンを始めとしたソロはどれも素晴らしく、ホルンはもちろんですが、ファゴットやバスクラのあれだけレヴェルの高いソロは、N響ならではのものでしょう。安全運転といえばそうでしょうが、それもN響の持ち味でしょうし、充分好演だったと思います。

毎年恒例の「楽器体験工房」では、小さなお子さんが未知の楽器に取り組んでいる様子や、大人の方でも今回初体験で楽器を吹いてみたりと微笑ましい光景に、ボクまでもがニンマリとしてしまいました。

なお、昨日の放送のノーカット版はBShiとBS2で以下の日程で放送されます。

BShi 9月5日(日) 午前6時00分~7時30分
BS2  9月10日(金) 午前10時00分~11時30分

この日程を調べていたら、ボクの興味を惹くプログラムがありました。忘れないように録画しないと!

BShi 9月3日(金) 午前6時00分~6時55分
クラシック倶楽部 大阪市音楽団 定期演奏会

デ・メイ:交響曲第1番“指輪物語”から第1楽章
バーンズ:交響曲第3番作品89
秋山和慶指揮 大阪市音楽団
収録:2010年6月12日(土)
ザ・シンフォニーホール

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

驚いた

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック