のだめカンタービレ フィナーレ始まる


昨晩は久々の平日トレーニング、帰宅してビデオの番組表を見ると“のだめ”の文字を発見。「おお、そうだったのか!」と早速毎週予約の登録をしました(さすがにライヴで見る元気はありません)。今朝、ちらりと見てなぜか落ち着く自分がいるのが不思議でもあり、面白くもあり。テーマ音楽の最後の画面、パリのバス停に真澄ちゃんを発見しました。パリにいる場面ってあったのかな?

閑話休題

この10ヶ月くらいの間、ゆっくりと音楽を聴くことができるのは週末、あるいは平日帰宅時に疲れているとき、ジムで有酸素運動をやっているときくらいで、以前に比べてずいぶんと時間が減りました。特に朝の通勤時間に聴くことがなくなったのが大きな要因でしょう。

もう結構続いているのでここで白状しますが、「音楽」ではなく「英語」を聞いているのでありました(笑)今や日常生活はもちろん、ビジネス上でも英語を使う機会は激減しているのですが、それだけに元々できないものがますます酷いレヴェルになってしまい、ここは一つやってみるかと昨春から始めました。地下鉄一駅分歩くとオフィスに到着するまでで、ちょうど良い時間が取れるのです。

それでどう変わったのか自分で検証する機会もないのが悲しいのですが、もともと悪い脳の劣化を少しでも食い止めるべく、老化対策の意味でも続けていこうと思っています。ということで、タイトルと関係ないテーマですみません。まぁこちらの方が書きたかったわけですが、いかにもお恥ずかしいので・・・。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村



この記事へのコメント

この記事へのトラックバック