のだめカンタービレ大詰め


コミックスの23巻がこの27日(DVD付もあり)発売、来春1月からはアニメ版の『フィナーレ』放映ということで、いよいよ大詰めを迎えようとしていますが(個人的には間が空きすぎてイマイチ盛り上がっていない(笑))

新作テレビアニメ『のだめカンタービレ フィナーレ』の放送に先駆け、2009年12月31日(木)17:00より、BSフジにてテレビアニメ『のだめカンタービレ』&『のだめカンタービレ 巴里編』の年越し一挙放送が行われます!全37話を17時間ぶっ続けで放送!

ということで、年越しは“のだめ”に決定!といきたいところなのですが、帰省するので諦めるほかなさそうです。空いた隙を見つけてちょこちょこ見ているかも知れませんけれど(笑)

ドラマにしてもアニメにしても、何度再放送があってもついつい見てしまいそうな自分が怖いですが、それだけ嵌ってしまっているということでしょう。嵌るというと日曜の「JIN-仁」は面白いなぁ、N響アワー放ったらかしにしてずっと見ています。TBSさんも相当気合入れているように感じます。29日からはNHKの「坂の上の雲」と一部被りますが、ボクはBS2で10時から見るか録画かな。

坂の上の雲はボクにとっては古典中の古典。司馬遼太郎作品を古典というのは如何かとは思いますが、まぁそうなのです。学生時代に読み耽ってましたから。それこそ最も嵌ったと言って良いでしょう。既にボクの中で作品全体のイメージが確立されているので、今ここでドラマを観ることにやや抵抗があるのも事実です。

そうそう、好古だったか真之だったか忘れたのですが、お母さんをおぶってあげる場面があって、母から執拗に「私にもああいう風にしてよね」と言われていたことを何故か覚えています。結局、一度もその機会はありませんでしたが。

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック