交響曲ベストテン


ある方のブログでやっておられて、面白そうなのでボクもトライしてみました。趣旨が違うかも知れませんが、これは作品としての価値という観点からではなく、単にボクの個人的な好き嫌いによるものです。それでも、好きな作曲家に偏りがあるのと、やはり5番などは素敵な曲が多かったりするので難しいですね。

<ルール>
・交響曲第1番~第9番までどの作曲家の交響曲が好きか
・二重登録はダメ!!(作曲家がダブってはいけない)
・「DH」は10以上の作品または番号のないもの

1 ブラームス
2 シベリウス
3 ベートーヴェン
4 メンデルスゾーン
5 ショスタコーヴィッチ
6 チャイコフスキー
7 マーラー 
8 ドヴォルザーク
9 ブルックナー
DH ベルリオーズ(幻想)

ブラームスとベートーヴェンをどれにするかで相当変わってくるなぁ。ブラームスは4番でも良かったのですが、すると1番に困ってしまう。ベートーヴェンはどの曲も良いので1番にする手もありますが、いくらなんでもそれはないでしょ!ということで結局演奏経験のあるエロイカに決定。4番はたまたま連弾話もあったしイタリア。6番はもう悲愴しかあり得ないし、7番と9番はマーラーとブルックナーが入れ替わってもOKかな。さて、どうしようか8番、えーいドヴォ8いっちゃえ!って感じ(未完成という手もあるけど、マジで未完成だし)。そして困ったのは5番。もう駒は使い果たした感もあり、何だか4番バッター決められません状態ですが、使ってないのはプロコ、タコ、スクリャービン、ヴォーン・ウィリアムス・・・タコ5で良いかで無理矢理。

この話を別のところでしたところ、曲単位ではなく作曲家単位で聴くからこんなの無理という意見もあり(ごもっともで、これはワインの水平・垂直のような遊びですから)、結構驚いたのはベートーヴェンやブラームスの交響曲は好きじゃないという意見。ボクの勝手な見方ですが、この人たちの交響曲は好き嫌いを超えたところにあるように思っていたものですから。タコとチャイコは恥ずかしいということも言われましたが、それは何となくわかります(笑)

にほんブログ村 クラシックブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント

2009年08月27日 09:19
こん**わ。
勝手に便乗してみました。
こんなん、どうでしょ?
→ 重複・賛同する曲もありますが。
でもマッタク同じでは芸がない、というもの。。。。
(ちょいとヒネってしまいましたか。。。)

1 エルガー
2 ラフマニノフ
3 シューマン
4 ブラームス
5 チャイコフスキー
6 マーラー
7 ショスタコーヴィチ
8 ブルックナー
9 ベートーヴェン
DH  フランク

・・・うぅーむ。
案外?やっぱ?むづかしー、っすね。
でもオモローでした。。。


酒席トランペット奏者
2009年08月27日 09:25
 はじめまして。私も試してみました。

1 カリンニコフ
2 ラフマニノフ
3 コープランド
4 チャイコフスキー
5 ショスタコーヴィチ
6 マーラー
7 ドボルザーク
8 ブルックナー
9 ベートーヴェン
DH ヒンデミット(画家マティス)

 3番と5番には名曲が多いので、選ぶのに苦労しました。各番号の対抗馬は次のとおりになりました。
3 ラフマニノフ、チャイコフスキー、サン=サーンス、ブラームス、シベリウス
5 チャイコフスキー、ベートーヴェン、ブルックナー、プロコフィエフ
24hirofumi
2009年08月27日 10:17
> うたえもんさま
まいどです。いつもありがとうございます。
> 酒席トランペット奏者さま
ようこそお出でくださいました。コメントありがとうございます。

お二方とも、偶然2ラフマ/6マーラー/8ブルックナー/9ベートーヴェンが同じでいらっしゃいますね。

演奏経験があって思い入れがあったりするとどうしてもそれは外せなかったり、自分のパート(ボクの場合はクラリネット)においしいドソロがあるとついつい選んでしまう、みたいなことはありませんか? ボクの選択をその目線で見ると・・・なんですよね(笑)

DHは吹奏楽にしてやろうかとも思ったのですが、良い曲でも1~9のお歴々に対抗するにはちと軽いかなぁと断念しました。ベルリオーズは括弧書きで幻想にしましたが、何も書かずに実は「葬送と勝利の大交響曲」でした!でも面白かったかも知れません。
酒席トランペット奏者
2009年09月13日 23:56
 おもしろい企画なので、再度、一部メンバー(!?)を入れ替えて挑戦してみました。

1 シューマン
2 シベリウス
3 サン=サーンス
4 ニールセン
5 プロコフィエフ
6 チャイコフスキー
7 ドボルザーク
8 ベートーヴェン
9 マーラー
DH ショスタコーヴィチ(交響曲第10番)

 基準にしたのは、私が最も好きな作曲家であるマーラーとチャイコフスキーでした。これらをどの番号に据えるかで他の数字に入る作曲家が変わってきます。
24hirofumi
2009年09月14日 09:29
> 酒席トランペット奏者さま

再度のコメントありがとうございます。
今回のラインナップは、僭越ながらボク的にも大いにありです。ベト8というのがやや渋いですが。今回頂戴した1、3、4、6は標題(愛称)つきですが、標題(愛称)つき縛りでやってみても面白いかも知れませんね。

この記事へのトラックバック