のだめカンタービレ巴里編第5話


早いものでもう巴里編も5回目になりました。
千秋に勝手にドイツに留学したと思われていた黒木くん登場。

殻に閉じこもってしまいコンヴァトではglauqueなどと言われ
学校にもパリでの生活にもイマイチ馴染めなかった彼でしたが
以前のペースをパリでも取り戻したのだめを見て変われたようです。

最後の千秋とのだめのポンヌフでの痴話喧嘩は迫力がありました。
BGMのバッハ平均律第2集第1番、何故か嵌っていて不思議。
オクレール先生のレッスンもバッハ、のだめにあってるのかも知れません。


にほんブログ村 クラシックブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック