道化師の朝の歌


ようやくお天道様をみることができて
秋らしい爽やかな天候だなぁと思っていたら
今朝はやけに湿度が高くムシムシする東京です。

軽度のアレルギー性皮膚炎なので
あまり空気が乾燥すると軽く発疹があったりするので
その意味からは湿気は歓迎なのですが
秋の朝は清清しいものであって欲しいというのも正直なところ。

そんな朝聴いてきたのはラヴェルの“鏡”。
昨晩から始まったのだめカンタービレ巴里編でも
パリ到着記念の曲としてのだめが「道化師の朝の歌」を弾いていました。

今日はサンソン・フランソワの演奏。
「道化師の朝の歌」は酔っ払いの朝帰りの音楽ともいわれますが
この演奏は正にそんな感じで、フランソワ自身もこのとき
実際に酔っ払っていたのでは?と思うほどです(笑)


にほんブログ村 クラシックブログへ

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック